<   2005年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

Australia Old and New 36

オーストラリア今昔物語その36

- Grampians, Victoria 7 (1980)

Fallen Giant
b0024435_21574057.jpgばかでかい岩が、二つに裂けて落っこちてしまっているようです。とにかく、でかかった、という印象が25年経過している今でも残っています。
b0024435_2158931.jpg

b0024435_21584244.jpg左写真の人の大きさと比べてみてください。
[PR]

by uchinan_e | 2005-02-28 21:58 | + downunder  

Making of Real Size Paper Craft 08

b0024435_20404879.jpg 切り抜き作業を、2月6日以降、時間を見つけては行ってきましたが、本日やっと終了しました。
 切り抜いたパーツを部屋全体に並べて撮影しました。
 今後は、それぞれの折れ線に沿って、鉄筆などでなどって折りやすくする作業をしていきます。着色前に、鉄筆で押さえつけて跡を付ける作業をしておきます。

b0024435_20411020.jpg切り抜いた残がいが、ゴミ袋いっぱいになりました。
[PR]

by uchinan_e | 2005-02-27 20:41 | + craft  

Australia Old and New 35

オーストラリア今昔物語その35

- Grampians, Victoria 6 (1980)

グランピオン・シリーズを再開します。

Silent Street
b0024435_21585266.jpg岩と岩にはさまれた狭い昇りの通りを抜けて、

b0024435_2159947.jpg設置されている階段を上がりきると

b0024435_21592189.jpg開けた岩場に上がってきました。山のかなりの高度まで上がってきたと思います。
[PR]

by uchinan_e | 2005-02-26 21:59 | + downunder  

cardboard works

b0024435_0155356.jpg

b0024435_085216.jpg今日、出張先の会議場で、郷土品販売コーナーに段ボールで作られた作品が展示してあるのが目に入りました。

b0024435_091234.jpg店員さんに、「商品ですか?」と尋ねると、県内の段ボール製造販売会社の社員の方が趣味で作られたという説明をしていただきました。

b0024435_092765.jpg材料の段ボールは大量にあるんでしょうが、うまく組み立てられていますね。
b0024435_094738.jpg座っても、壊れないかも。

b0024435_0471169.jpgこちらは、実際に、椅子として使用されていました。
[PR]

by uchinan_e | 2005-02-25 23:58 | + craft  

blogでEnglish 21

script#21
Doc: Unfortunately no, it requires something with a little more kick - plutonium!

Marty: Uh, plutonium, wait a minute, are you telling me that this sucker's nuclear?

Doc notices Marty has let the camera drop.

Doc: Hey, hey, keep rolling, keep rolling there. No, no, no, no, this sucker's electrical. But I need a nuclear reaction to generate the 1.21 gigawatts of electricity that I need.

Marty: Doc, you don't just walk into a store and ask for plutonium! Did you rip this off?

Doc comes to Marty waving off the idea, and then:

Doc: Of course, from a group of Libyan Nationalists. They wanted me to build them a bomb, so I took their plutonium and in turn gave them a shiny bomb case full of used pinball machine parts!

Marty: Jesus


前回の場面の続きです。

are you telling me that...?
...だと言っているんですか。
相手の言ったことが、十分に理解できなかったときに、自分なりの表現に言い直して確認してみるのも、正確なコミュニケーションをとる手段だと思います。という説明を以前にもしましたね。2回目です。

keep rolling
rollは、カメラなどを回すことです。ここでは、Martyがビデオカメラを手から離してしまい、DocがMaryに、カメラを回し続けろ、と指示をしています。

Did you rip this off?
rip offの意味合いは、次のような表現で表せると思います。(英辞郎on the web
はぎ取る、略奪する、盗む、奪う、だまし取る、ペテンにかける、だます、法外な料金を要求する、ぼる、(人)を食い物にする[利用する]、搾取する、かもにする、たかる
上記の表現から、感じをつかんでもらえるでしょうね。

in turn
お返しに

Jesus
驚きの表現。Jesus Christとは、イエス・キリストです。
[PR]

by uchinan_e | 2005-02-24 21:19 | + language  

Australia Old and New 34

b0024435_21125165.jpgオーストラリア今昔物語その34

- St. Kilda, Melbourne (2003)

1980年のGrampiansシリーズは、ちょっと中断して、少し最近の写真をアップします。
kyutonaさんのblog記事セントキルダ★その2に書かれている桟橋の建物は、2003年9月に火事で焼け落ちています。その数日後の2003年9月14日に撮影したものです。
b0024435_21123275.jpg
(上)大きな口の中へ入ると、ちょっとレトロな遊園地(Luna Park)です。

b0024435_2113567.jpgこの桟橋の先端に建物があったらしいのですが。。。歩いていって見るか。
b0024435_21131975.jpg桟橋の途中からメルボルン市内方向。
b0024435_211648100.jpg焼け落ちた現場には入れないように黄色い囲いがしてありました。
b0024435_21144072.jpg少し別方向から撮影を試みてみました。

参考ニュース記事
1 | 2
[PR]

by uchinan_e | 2005-02-23 21:14 | + downunder  

Australia Old and New 33

オーストラリア今昔物語その33

- Grampians, Victoria 5 (1980)

今度は、落っこちそうな大きな岩を、ちょっと片手で支えてみた(*^^)v
b0024435_21143343.jpg

[PR]

by uchinan_e | 2005-02-22 21:14 | + downunder  

Australia Old and New 32

オーストラリア今昔物語その32

- Grampians, Victoria 4 (1980)

b0024435_21401363.jpg今度は、落っこちていた大きな岩を、ちょっと転がしてみた(*^^)v

b0024435_21402831.jpg頭に乗せてみる帽子岩もありました。名づけて、Lady's Hat

b0024435_22472547.jpg人の横顔みたいですね。
[PR]

by uchinan_e | 2005-02-21 21:40 | + downunder  

交通安全 4 - roundabout

b0024435_20112291.jpg 日本では馴染みのないロータリー(オーストラリアではroundabout)は、やっぱりうまく回れないんでしょうね。厳密に言えば、うまく進入できないというのか、無理に進入してしまうというか。さらに元を言えば、ルールを知らないんでしょうね。
 確かに、オーストラリアでも、ちょっと大きなroundaboutでは、通勤時間帯には、なかなか入れないことがありました。それでも、ルールに従っていれば、交通安全は保たれているでしょう。
 右上の写真は、メルボルン郊外の住宅地内にあるroundaboutです。

T市のロータリー 全方向一時停止不評
 県公安委員会は昨年十月、県道と市道が六方向から集まるT市瓦町の瓦町ロータリーの交通規制を変更、これまで二方向だけに適用していたロータリー進入時の一時停止規制を六方向全部に拡大した。県外者など事情をよく知らないドライバーから「通行方向が不明確」との指摘を受けての対応だが、ドライバーからは「進入するタイミングが変更前より分かりづらい」など戸惑いの声も多い。

 公道上のロータリーは国内に十数カ所しかなく「ロータリー内は右回りで、先に進入した車両優先」というルールはあるが、進入方法もロータリー内の走行方法も道路交通法に規定がないのが現状。このため、各都道府県の公安委員会がそれぞれのロータリーの交通事情に合わせて規制している。

 極端に交通量が多い道路がない瓦町ロータリーのように、全ての道路からの進入時に一時停止するロータリーもあれば、国道と市道二本が六方向から合流する北海道旭川市内のロータリーのように、一部に信号を設置して交通量が多い国道を優先して通す方式もある。

 瓦町ロータリーではこれまで、他車が通過中の強引な進入などロータリー内の通行ルールの無視が原因の事故が目立つ。〇三年には人身事故二件、物損事故十件が発生し、ドライバーらが県公安委員会や県警に改善を求めていた。

 規制変更後は強引な進入が減り、交通事故も減少傾向にあるが、車列が途切れないことに業を煮やしたドライバーが一時停止後に強引に進入する例や、規制変更を知らないドライバーが一時停止せずに進入する例が後を絶たない。

 このため、同委員会では一時停止の標識をドライバーが認識しやすい位置に変更したり、新たに逆走防止のために右回りの通行を示す矢印を道路上に表示するなど周知に懸命だが、ドライバーからは「抜本的な解決策にはなっていない」といった声が少なくない。

 ロータリーをよく通るという同市内のドライバーの男性は「一時停止するとロータリーに入れなくなるし、中には強引に入ってくる車もある。規制で前より危険になった」と訴える。

 県警交通指導課では「進入前の一時停止でロータリー内で発生する事故の大部分は防げる。先に進入した車の優先通行を徹底してほしい」と呼び掛けている。
日本海新聞2005/02/19)

参考:県警サイトからの注意
[PR]

by uchinan_e | 2005-02-20 20:10 | + society  

two books of ingenious and diabolical puzzles

b0024435_20544419.jpg先日、The Book of Ingenious and Diabolical Puzzlesの著者のひとり、Jerry Slocumさん本人から、原著を送っていただきました。サイン入り。嬉しいですね。

b0024435_20551483.jpg私が持っていたのは、芦ヶ原伸之さん訳の日本語版「悪魔のパズル」でした。
[PR]

by uchinan_e | 2005-02-19 20:55 | + puzzle