<   2004年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

書籍リスト

●紙 基本造形・芸術・デザイン
朝倉直巳著

手工芸から建築まで無限に広がる紙の世界。本書はさまざまな事例を示しながら紙の可能性を探ります。紙を使ったあらゆる創造活動に必携。

定価[3,800円+税] A4変型 272ページ
ISBN4-568-50234-9 初版2001.08.10



●立体イラストレーション〈2〉究極のハンドメイドクリエーション

ISBN:4766113845
159p 30×23cm
グラフィック社 (2003-02-25出版)・グラフィック社編集部【編】
[A4 判] NDC分類:726.5 販売価:\3,800(税別)



●折り方大全集 カタログ・DM編―効果的折り方の作品例からその展開図まで
[PR]

by uchinan_e | 2004-02-29 12:20 | + information  

差出人不明

以下のようなメールをいただきました。
うちまで来ていただけるようで、助かります。暇してますから来て欲しいな~。来なかったら、訴えようかな~。
支払い窓口って、いったいなんだろうなー。
コーヒーつくって、待ってまーす。

以下メール本文

あなたが支払いを延滞している下記サイト運営者より、あなたの氏名調査・所在調査及び集金代行の依頼がありました。このuchinan@apionet.or.jpの電子メールアドレスから氏名調査・所在調査を行い、平成16年3月7日(日)までに正式な関係書類を持参の上、あなたの自宅に訪問致します。

--------------------------------------------------------------

■依頼日時 :平成16年2月26日(木)23:32

■調査対象 :uchinan@apionet.or.jpの電子メールアドレス使用者及び契約者

■調査理由 :自動延長システムによる利用料金の発生と滞納

--------------------------------------------------------------

依頼者からの情報

■登録日時 :平成15年8月23日(土)23:43

■登録ID  :uchinan@apionet.or.jp

■SITE名  :GALGAL

■商品名  :銀行振込後払い会員180日パック

■期間   :自動延長システム180日

■料金   :¥36,800

■延滞利息 :年利14.5%

--------------------------------------------------------------

支払い窓口

■E-mail  :infosiharai@fastmail.gr

--------------------------------------------------------------
[PR]

by uchinan_e | 2004-02-27 10:47 | + society  

ウォーターハンマー現象

大学時代、学内のスチームストーブが入り出すと、カンカンと音を出していたが、どうも、ウォーターハンマー現象というものらしい。
[PR]

by uchinan_e | 2004-02-19 15:04 | + trivia  

レコパル

kozyさんの書き込みの、「エアチェック」を懐かしく感じていました。私も、FMファンとから、レコパル(確か創刊号から持っていたぞ、あー捨てるんじゃなかった(~o~))を買って、録音しまくっていました。

当時は、FM放送はNHKしか入らなかったから、NHKの番組で好きな曲を見つけると、カセットテープを準備して、曲の終わりに、セッティングして、待機していたものです。

タイミングがずれたりすると、悔しかったりしました。DJが余計なコメントを入れたり、入れると思って待っていると、曲が始まったりね。

クロスオーバーイレブンを良く聞いていました。
[PR]

by uchinan_e | 2004-02-10 23:41 | + episode  

賢い消費者

ラジオショッピングで、○○マットレスを販売しているのを聞いた。素材が特殊なものらしく本来ならかなり高価になるらしい。いかに高価なものなのかを訴えた後、「○○マットレス、なんと1万円!」(安いよって言いたいんだろうね)「しかも、今回はご注文をいただいた方全員にもう一枚おつけいたします。それでお値段据え置き!」

はあ?それ、普通、2枚で1万円って言わないの?

消費者を惑わす表現に、買う気も失せるように思うんだけどね。1枚5千円で売ってよね、とも言いたい。
[PR]

by uchinan_e | 2004-02-10 14:18 | + society  

ロータリー

かっこいいからとかではなくて、県警には真剣に考えてほしい。県警が以下のような回答をするだろうというのも予想がつく。しかし、私は、ロータリー内優先だと判断して運転していたのだけれど、それで事故が起きたら、どちらが悪いと判断されるのだろうか。不安だ。検討をしてほしい。

日本海新聞・海潮音より
-2月6日-
先日、太平洋上のグアムに行き、妙なところで鳥取を思い出した。官庁街ハガニアの大酋長キプハ像下と、ホテル街タモンのフローレンス大司教像下はロータリー交差点になっている。ちょうど鳥取市中心部の瓦町交差点と同じ◆と、言ってもロータリーの大きさはケタ違いで、その直径二百メートルは優にある。外国の古い街は広い十字路でも信号不用の利点からロータリー処理の場所が多い。グアムの二カ所も変則だが四つ角、瓦町の六差路とは感じが異なるが、懐かしい気分になった◆しかし、通行方法は日本と欧米で相当異なっており「ロータリー内優先」の規則がある。外から進入する車は必ず一旦停止をし、中の車は速やかに走り去るのだ。瓦町ロータリーは、一カ所に一旦停止があるが、他は何となく運転者の自覚と注意力に任されていて定まったルールがない◆外国の例を出して、鳥取県警に聞くと担当者は困った顔になった。日本は道路用地が狭く、道交法に交差点をロータリーで処理する発想がない。そこで、通行ルールは各県の公安委員会に任されている。瓦町の場合「通行量と見通しを考慮し、信号や一旦停止を掛けるより、現在のままの方がスムーズ」との判断という◆何でも外国のマネをすれはよい訳ではない。が、日本から海外旅行をする人も増えている。外国で思わぬ勘違いをする前に、他の地域に先駆けて「ロータリー内優先」の国際基準を鳥取でまず取り入れるのもカッコいい。

Date:2004/02/06(Fri) 13:49 No.88
[PR]

by uchinan_e | 2004-02-06 13:49 | + society