カテゴリ:+ society( 54 )

 

勧誘電話

知人から、子どもが20歳を超えると、「デート商法」勧誘電話がかかってくるよと言われていた。

長男は、22歳になり、同じ市内だけど、一人でアパート暮らしをしている。

長男の名前は、漢字一字だが、いろんな読み方が出来そうで、迷われる方もあるかもしれない。


さて、
今夜、夕食時に電話がかかって来た。
この時間帯にかかってくるのは、たいてい、何かの勧誘電話である。

電話に出ると、
相手の背後でざわざわしている。(もう、この時点で勧誘電話だと90%確信
若い女性(学生風)の声で、
「H君いますか?」と聞いてきた。
長男名前の漢字は、確かにそうだが、H君とは言わない。
友人なら読み方を知らないわけは無い。多くの友人が下の名前で呼んでいる。(この時点で勧誘電話だと95%確信

ちょっと試してみるか。。。

私「どちら様ですか?」
女「H君いますか。」
私「・・・」
女「あっ、EK君いますか。」(おっ、呼び方を変えてきたぞ。おしい。でも頓珍漢な読み方をしている。)
私「どちら様ですか?」
女「岩○と言います。EK君いますか。いませんか」
私「どちらの岩○さんですか?」
女「○○市の岩○です。EK君はいないんですか?」(県中部の市名をあげてきた)

ここで電話を切られてもつまらない。はじめて嘘をついてみた。

私「(長男は)いますよ。」と続けて「○○市の何町ですか?」
女「○○市です。」(それは、わかってるって)に続けて、「いないんですか?」
私「○○市の何町ですか?」と聞いたとたんに、電話が切れたみたいです。
失礼な女性ですね。
何か一言言って切ってくださいね。
[PR]

by uchinan_e | 2010-08-17 22:09 | + society  

Britain's Got Talent

Susan Boyleで有名な「Britain's Got Talent」ですが、
この番組が好きなのは、日本では、あまり見られない、ストレートなジャッジのコメントです。
良くも悪くも、ストレートに、気持ちよく表現しています。
このあたりは、文化の違いだと感じます。


サイモンは、出演者に対して、最後まで反抗して、「タンバリン」だと言い続けます。
http://www.youtube.com/watch?v=0JzVCk77TiI

子どもの前でも、きっちりと親に対して厳しいコメントをしています。
http://www.youtube.com/watch?v=yYECPiCIVdY

お年寄りにも容赦ありません。アマンダの表情がなんとも言えません。
http://www.youtube.com/watch?v=wusdUgpiNTg

出演者も負けていません。サイモンに、あんたが間違いだと証明してみせると言いきっています。
http://www.youtube.com/watch?v=uf62n8jyH4k

ジャッジ同士でも意見の対立があります。
http://www.youtube.com/watch?v=2GE2V1qyYFE
[PR]

by uchinan_e | 2010-04-21 23:06 | + society  

電話会社の電話勧誘

某電話会社の西日本○○支店から電話がありました。
ADSL利用者へ対して、「光」への電話勧誘でした。

電「ADSL利用者がみなさん光へ替えておられます。」
私「みなさんとは誰ですか。」
電「○○市××市のADSLの利用者の方です。」
私「みなさん?」
電「70%の方です。」

電「光に替えられない理由は?」
私「質問の意図は?」・・・
その後やりとして、結局回答した。
私「コンピューターの処理速度の問題で替えてもネット環境は変わらないと思う。」
電「VISTAならスペックもいいから大丈夫です。アナログだと、遅くなる。」
私「では、アナログを改善してください。」
電「無理です!!」
その後、アナログが遅くなる理由を説明された。
私「では、中継局を増やすなどして、改善してください。」
電「私の一存では決められない。」
私「会社への要望です。」
電「了解しました。伝えておきます。」

その後、電「アナログはなくなる→アナログはなくなる予定→本当はテレビより先にアナログがなくなりデジタル??になるはずだった」など話が多少変化しながら進んだが、私は、そんな話は初耳であるし、アナログの環境を良くしてもらえば良い、と伝えた。

先日も某電話会社西日本から電話があったと言うと、
電「それは代理店ですね。」
私「私も疑問に思い、その時、代理店ではないのですか、と尋ねたら、某電話会社西日本です、と言われたから代理店ではないと思います。」
電「某電話会社西日本、とだけ言われたなら、それは代理店ですよ。私は、ちゃんと、某電話会社西日本○○支店と言いましたから。」
私「えっ!○○支店からかけておられますか?」(○○支店はなくなったのではないか??)
電「そうです。」
私「どこにありますか?」
電「△△町です。」
私「△△町のどこですか?」と質問すると、
近くに、某デパート、模型店、医院、NHKなどがあると言われました。
それぞれと某電話会社○○支店との位置関係をあれこれ尋ね、しばらくやり取りしましたが、はっきりしませんでした。
私「電話会社の正面入口から見てどちら側にありますか。」
電「正面入り口はありません。窓口はありませんから。」
私「本当に○○支店の方ですか??NHKは、電話会社のどちら側にありますか?」
電「答えたくはありません!!」
私「○○支店の方ですよね。ところで、お名前はなんでしたっけ??」
と言ったとたん、ぶちっ、と切られてしまいました。

この後、本当に○○支店があるのか疑問に思ったので、ネットで調べてみました。しかし、見つからないので、県内の他の支店へ問い合わせメールを送ってみました。

丁寧な返信メールが来ました。
アナログがなくなると言うのは間違いである、など、対応に対して謝罪しておられ、あらためて伺って謝罪したいと書いてありました。

来てもらうほどでもないと思い、こちらから連絡先へ電話してみました。

電話して担当の方の名前を伝えたら、「あ~、下。下、下。」なんのこっちゃい。
どうも階下におられるという意味のようです。電話会社の割には、電話の応対が下手だなと思いました。というのも、「下、下。」というだけで、どうしたらいいのか伝えない。
どちらに電話したらいいのか尋ねたら、「えーっと」と言って、何やら調べてやっとのことで、「下」の電話番号を教えてもらった。その電話番号にかけたら、こちらではない、「上」だと言われる。典型的なたらいまわし。。。笑いそうになった(^v^)
状況を伝えると、内線呼び出しをしてくれたけど、ダメだった。結局、最初の対応された方が教えた番号が間違っていたようです。新しい電話番号にかけたら、やっと担当の方にたどり着きました。

その後は、丁寧に対応していただきました。

結論は、勧誘電話をした方は、業務委託をしている会社の社員であるということ。業務を委託しているので某電話会社社員だと名乗っても問題ないようです。

また、○○支店は、現在も、窓口はないのだが、以前存在していた建物に入居しているということもわかりました。
[PR]

by uchinan_e | 2009-09-13 22:46 | + society  

電話勧誘シリーズ

マンション経営の電話。

話の流れをなんとなく、こちらの地方へ来たことがあるかという展開に誘導した。
相手は「来たことがある。」と言う。
明日、土曜日、市内○○町へやってくるという。
ついでに会えないかという。

「どうやって?」 - 「飛行機で。」

「いつ?」 - 「明日、朝。」

「帰るのは?」 - 「日曜日の4時から5時の飛行機。」

「4時から5時の飛行機?そんな飛行機あるの?」 - 「ええ。」
(地方空港だから、そんなに頻繁に便があるわけじゃないのに。)

「どれくらいの頻度で来ているか。」 - 「月4回くらい。」

「ということは、毎週来ているということじゃないか。」 - 「ええ。」

「どの飛行機で帰るの?」 - 「大阪に寄ったりする。」

「途中下車するの?ここから大阪行きの飛行機があるの?」 - 「東京に戻ってから、また大阪へ飛行機で行く。」

「本当??」 - 「諸々の方法で。」

「例えば?」 - 「JRで。」

「どこ経由?」 - 「諸々の方法で。」

「1つ2つ教えて。」 - 「新幹線で。」

「どこで乗り換えるの?」 - 「電車で。」

「だから、どこで乗り換えるの?」 - 「もろもろ。」

「例えば?」 - 「名鉄。」

うちのほうには、名鉄がないのですが。」 - 「もちろん、名鉄で大阪で降りるんですよ。」

「どこで乗り換えるんですか。」 - 「・・・・」

「飛行機は、どちらの飛行機。」 - 「総務がチケット持っているから、わからない。」

こちらからかまかけた。)

JALかANAか、わからないんですか。」(地方空港だから一方の航空会社しか乗り入れてない。) - 「ええ、どちらかで行きますから。それより。。。」

やっぱり来たことなさそうだな。

来たことがないのに、来るという。その目的が分からない。

やたら会う時間と場所を決めさせようとしたけど。

来なかったら来なかったで、会えなかったと言いがかり付けて、次の作戦があるんだろうね。

ちなみに、うちの近所の飛行場がANAのみということは、言わなかった
ネタばらすと、次回から学習されるから。
[PR]

by uchinan_e | 2009-01-30 20:48 | + society  

事前予告

今日は、こんなトラブルがあって、大変だったみたいです。

新幹線の運行管理システムに障害が発生し、始発から約3時間運転を見合わせたJR東日本の東北、上越、長野、山形、秋田の各新幹線は29日午後もダイヤの乱れが続き、上下112本が運休した。

ニュース番組で、インタビューに答えて、面白いことを言っている利用者がいました。
思わず笑ってしまいました。

システム障害の影響で、困っている乗客のコメント。。。

事前に言っておいてほしかったわ。。。」

ウケ狙いで言ったのかな(^_-)

事前に言ってほしいって、例えば、
「明日は、システム障害が突発的に発生する予定ですので、ご利用をお控えください。」ってアナウンスしてほしいってことかな。

ニュース動画はこちら
[PR]

by uchinan_e | 2008-12-29 20:11 | + society  

電話勧誘シリーズその後

昨夜、待っていたのですが、結局、不動産屋さんは来なかったな~。
是非、どうやって東京から浜田に寄ってから、こちらにやって来たのか聞きたかったのに。

実家のある浜田を回ってやってくるなんて、経済状態の悪いご時世、かなり経営状態の良い会社なのかな。。。

待てよ、出張で、実家の浜田に寄ってから来るなんて、ダメじゃん。出張旅費使って実家に帰るなんて、会社にばれたら大変なことになるんじゃないのか(*^^)v
[PR]

by uchinan_e | 2008-12-20 22:01 | + society  

電話勧誘シリーズ

先ほど、夜7時頃、いつものように不動産の案内、勧誘電話。
東京の不動産の会社のよう。
「このようなお電話はよくかかってくると思いますが」という定型句がちゃんと使われました。が、ちょっと違ったのは、よくかかってくる税金対策のマンション経営ではないという。
品川の近くに新駅ができる。大手の企業が集中している。。。云々、東京の情勢を、かなり流暢にしゃべり続けている。黙って聞いている。

そちらの○○市役所の方と仕事の取引で親しくさせてもらって、そちらによく来ている。ついでにお会いしたいという趣旨の話になる。
(○○=私の住所)

「土曜日は、お休みですか?時間がありますか?」
「勤務している。(事実)」
「日曜日は、お休み?時間がありますか?」
「勤務している。(事実)」
「一日職場におられるわけじゃないでしょう。土曜日か、日曜日のどこか時間がありませんか?」
(以上、要約)

「実は、××関係の方のリストを使っているのですが、××に一日おられるわけじゃないのでしょ。」(職種は、すでにご存じのようです。)

東京からやってきて、土曜日あるいは日曜日が都合が良いと言っても、急にこちらに来られるのかなと不思議に思って聞いてみた。
「一日職場におられるわけじゃないでしょう。土曜日か、日曜日のどこか時間がありませんか?」
「土曜日それとも日曜日?いつ、こちらに来られるの?」
「二日間いますから。」
「二日間いるんだ。で、いつ来るんですか?」
「前日の金曜日に来ます。」
えええ???
「今日、金曜日ですよね。」
「ええ、これから。。。(ゴホンゴホン)」
たぶん、今日が金曜日だということを忘れていたんだろうナ。話の流れで、金曜日と言ってしまって、しまったと思っているんだろうナ。ここから相手は頻繁に咳払いをするようになる。
「今、『これから』って言いましたよね。」(ちょっと強い口調で)
「ええ、これから行きますよ。」
「どうやって?」
「電車で。」
「どうやって?」
「新幹線で。(ゴホンゴホン」
「どこで降りるの?」
「○○駅で。」
「新幹線に乗って○○駅で降りるの?」(新幹線なんかこんな田舎は走っていない。)
「もちろん、違いますよ。」
「じゃあ、どこで降りるの?」
「今、チケットは総務部が持っているのでわからない。」
「でも、さっき、○○市役所の方のところによく来てるって言ったじゃない。どこで降りたの?」
「実は、実家が浜田市にありまして、いったんそこへ行ってから、来ます。」(すっげい遠回り)
「じゃあ、新幹線から(JR)何線に乗り換えて浜田に行くの?」
「覚えてない。」
「あなたは浜田に住んでいたんじゃない?浜田市に何線が走っているのか覚えていないの?」
「実は、転勤族で。。。」
「転勤族だからと言って覚えてないことはないでしょ。」
「嘘じゃないですよ。」
「○○には、(JR)何線で来たの?」
「前回は、飛行機で○○空港まで。」
「じゃあ、○○空港からどうやって市内へ入ったの?」
(沈黙)
「今から行っていいですね。」
「10時頃までに来るの?」
「そんなに早くは行くことはできない。」
「じゃあ、どれくらい?」
「含めると5時間くらい。」
「含めると?って何を含めると?」
「今から行きますから。」
「どこから来るの?」
「ナンバーディスプレーに03って出てるからお分かりでしょうが。」
「こちらはそんなものないです。そちらは03なんですね。どうやってこられますか?」
「私の電話番号を教えておきますから。今から行きますよ。」
「どうやってくるの?」(教えますと言う割には、電話番号は結局教えてくれなかった。)
「行きますよ。表札出ていますか?」
「だから、どうやって来られます?あなたが来られるのですか?」
「今から行っていいですよね。」
「だから、どうやってこられるか教えてください。」
(相手は、私が先に切るだろうと予想しているようだが、私は切らない。)
「行きますよ。」と言って切れてしまった。

東京から、こんな遅い時間に来られる方法を是非教えてほしかった。

もし、来られたら、浜田へ回ってから来られるわけだから歓待してあげなくてはいけないな。
[PR]

by uchinan_e | 2008-12-19 21:26 | + society  

電話勧誘?かな

夕食時に電話がかかってきたんで、また、何かの勧誘だろうなと思って、電話をとりました。
予想通り、受話器を取ると、受話器の向こう側では、かすかに背後からいろんな声が聞こえてくるから、コールセンターだなと思った。

ところが、相手は、幼い女性のような声のトーンでした。

「○○くん、いますか?」
(長男は漢字一字なのですが、音読みをします。電話の相手は、その漢字を訓読みしています。)
○○君は、わが家にはいない。だから、普通なら、「かけ間違いじゃないでしょうか?」とか「そのような子はいません。」というのだけれども、何かの事情で読み間違えている可能性もあるので、ちょっと確認してみることにしました。

「どちら様でしょうか?」
「田○です。」(うー、名前だけじゃなくて。。。)

「どちらの田○さんでしょうか」
「○○市です。」(あのなぁ、そんなことを聞いているのじゃなくて。。。)

「どういう関係でしょうか。」
「ともだちです。」(だから、どこで知り合った友人なのか。。。)

こりゃ、やっぱり、本物の友人じゃないよな。

長男はアパート暮らしをしているので、ここにはいないのだけれども、何を勘違いしたのか(声が幼く聞こえたためでもあるが)、
私は、そばにいた次男に「田○さんて知っているか?」と聞いてしまった。
あまりにもポピュラーな名前なので、どの「田○」さんだろうか?とでも答えるかと思えば、あっさりと、「知らない。」と答えた。

そのことを伝えようと思って、受話器を耳に当てたとたん、「ガチャン!」と電話が切れた。

何が目的だったのか。。。

あとで、反省した。

目的を確認するために、私が長男になりすまして、電話で受け答えしてみれば良かったかも。。。

次回、挑戦してみよっと。
[PR]

by uchinan_e | 2008-09-24 21:04 | + society  

電話勧誘シリーズ

土曜日、電話勧誘の日。
シリーズ化しようかなぁ。

今日は、光ファイバーの話。
「近くまで、光ファイバーの回線が来ているお知らせです。」(どうしてわかるのか?)
お知らせなんだぁ、と思って、お知らせだけで切るのかなと思えば、あれこれ質問が始まる。
プロバイダーはどこか?
いくらぐらいかかっているのか?
「ADSL・サン」という表現を何回も使われるから不思議で、「『ADSL・サン』って何ですか?」って尋ねたら、「ADSLの場合。。。」と説明なしに話を進められるので、「いや、、『ADSL・サン』って、何なんですか?」と話を遮って質問しなおすと、「『NTTさん』、とか、『〇〇さん』の『さん』です。」だって。へえぇ。
「光ファイバーでしたら、お安く出来て、皆さんに喜んでいただいていました。」
「過去形ということは、今は、違うんですか?」なんていう質問などをしていたら、相手の方は、だんだんと切りたそうにしてきた。そして、ついに、最後に、「光ファイバーはご検討ではなかったでしょうか?」という質問をされました。「いいえ。」と答えると、「それでは」と言って切ってしまわれた。。。
一番最初に、一番最後の質問をされればいいのに、と教えてあげる暇もなく切られてしまった。
今日もまた、相手に切られてしまった。残念。
[PR]

by uchinan_e | 2008-08-02 15:25 | + society  

電話勧誘

土曜日、日曜日になると、あちこちから、勧誘の電話がかかってきます。

いつものように、質問に対しては、「はい。」とだけ無表情に答えるようにしています。

昨日は、結局、私は、それ以外一言も発することもなく、「今回はよろしいということですね。」「はい。」というやり取りで、なぜか相手から切ってしまわれました。
そんなに、「はい。」という返事だけでは、勧誘しにくいのでしょうかね。

今日は、私が質問に答える度に、「ありがとうございます。」と返事する人でした。かけてきた会社とは異なる会社名を質問の回答としても「ありがとうございます。」というから、「あなたは、○○の方ですか?」と尋ねると、違いますといわれるから、なぜありがとうなの?というやり取りをしたら、回答をしてくれたことに対して、ありがとうございます、なのだそうです。丁寧な方だ。

「問題がなければ、契約変更をお願いしまうす。」と言われるので、「問題がなければ、ではなくて、希望すれば、ということですよね。」と確認すると、「何も問題がなければ、お願いしまうす。」と再度言われたので、「希望すればということですね。」と再確認したら、「そうです」と返事が来たので、「希望しません。」と言った。それで話は終わってしまった。
[PR]

by uchinan_e | 2008-06-01 16:05 | + society