カテゴリ:+ education( 10 )

 

成長過程

 先週の土曜日、ある中学校の音楽発表会へ行ってきました。公会堂で、各クラスが合唱の発表をするというものです。ちょうど、訪れたときは、昼休憩で、生徒達は思い思いに過ごしていました。これからの発表曲を練習するグループ、発表が終わってくつろいでいる人たちと様々です。
 一般の観客は、3階部分の一番奥に座ることになっていました。会場の2階部分へ入る通路で、しゃがみ込んでいた小柄な男子生徒に対して、私の前方を歩いていた男子生徒が、2,3度足蹴りをするように見えました。本人はからかっている程度だったかもしれませんが、見た印象としては、あまりいい感じではありませんでした。
 3階の後部に座って午後の部が始まるのを待っていました。前方4,5列前の階段通路部分で、男子生徒が、小柄な男子生徒をからかっている様子が見えました。最初は何か一方的に口でからかっている様子でしたが、そのうちに、頭を小突き、終いには、ほっぺたをペンペンとたたき出しました。さすがに、お互い友人同士だと言っても、冗談半分だと言っても、見ている方としては気分が良くないので、つい、大きな声で、「やめなさい!人をたたくのはやめなさい!ふざけるにも程が悪い!」とかなりきつい口調で叫んでいました。叩いていた生徒は、キョトンとして「だ~れ?」って顔してこちらをじっと見つめていました。そのうち、二人とも、本来の自分の席に戻っていきました。
 お互いに馴れ合いでの行為なのかもしれませんが、やはり、人を小突いて楽しんでいるのは、どう考えても良いことではないと思います。また、大人に成長していく過程で、このような行為は、無くしていくものだと思います。
[PR]

by uchinan_e | 2005-10-31 23:54 | + education  

米村でんじろう先生のサイエンスショー2

大まかな流れ

(1)ペーパーブーメラン
ステージから会場にブーメランが飛び、会場中央からくるりと戻りでんじろう先生の手元へ。うわぁーの歓声。
作り方。
よく飛ばす方法。
簡単な飛ぶ原理。

(2)段ボール空気砲
会場内をアシスタントが空気砲で観客に砲撃!
空気砲の空気の流れを観察。スモークを用いて。
さらに巨大な空気砲で実験。空気の流れを確認。また、荷造りテープを利用して空気の回転を確認。空気砲に空気の回転に乗って一緒に飛んでいく。

アシスタント二人登場
a.ロケットとゴムでいたずら
ステージから会場内奥までゴムを張って、それに引っ張られる形でロケットが飛んでいきました。

b.風船ロケットにオレンジ油を塗りつける
数秒後に破裂する。これを利用して、会場内にオレンジ油を塗った風船ロケットが大量に投げ込まれ、次から次へと数秒後に破裂。それを避けるために会場内は、飛んできた風船を他の人の方へと投げ返す。。。そんなことで、会場内、歓声悲鳴で騒然としました!一番面白かったかも。最後には、馬鹿でかい丸い風船が会場内に投げ込まれたけど、結局破裂しないで、ステージ上に戻ってから破裂!(これはどうも最初から脅かすためだけに投げ込まれたようだった)

(3)円盤を利用した錯視
ステージ上に大きな円盤が用意され、その円盤に描かれている絵柄を回転させると、なぜか立体的に見えてきた。
会場入り口であらかじめ配布されていたストロボ板を作成。それを使って、ステージ上の回転する絵を見ると、止まったり踊ったりしているように見える実験。映画の原理ですよね。

(4)ゴム風船の重さ
巨大なゴム風船が用意されて、風船の重さについて、説明。
最後に、大きな風船が大量に会場内に投げ込まれて、会場内は再び歓声。

最後にアンコールとして、でんじろう先生が、両手を握り合わせてオカリナ状にして、綺麗な音を奏でてくれました。童謡を演奏してくれた。まるでオカリナそのもの。
これからの子どもたちに、こんな遊びをして欲しいという願いを込めておられた。
[PR]

by uchinan_e | 2005-10-14 22:12 | + education  

米村でんじろう先生のサイエンスショー

b0024435_23494650.gifおととい観にいってきました。面白かった。内容報告は、明日にでも。
[PR]

by uchinan_e | 2005-10-13 23:51 | + education  

中学生 3

b0024435_21362785.jpg先日の自治会の盆踊り祭に、自治会役員として参加しました。残念ながら踊りはしませんでしたが、多少お世話をしました。

ポン菓子を作って子どもに配る係りの方もおられました。

子どもから大人まで参加して、にぎやかな会になっていました。小さな子どもは親が連れてきていますが、小学生高学年、中学生くらいになると、友だちと誘い合わせてやってきています。

中学生くらいの5、6人の集団の男の子たちが、踊りの輪に入るわけではなく、元気にかけまわっていました。あまり、いい感じじゃないな。

そのうちに、ポン菓子がを配り始められました。長い列が出来ていました。そのうち、先ほどの中学生の男の子たちが、菓子を受け取って、だーっと駆け出していました。良く見ると一人の子は、一人で3つも4つも袋を抱えて走っています。最初から見ていたわけじゃないけど、どうも時間的にも、きちんと列にも並んでないんじゃないかと思われました。ますます、いい感じじゃないな。

さて、祭も終わり、子どもたちは帰る時間です。我々役員は、櫓の解体作業を始めました。また、一部の役員はごみを片付けたりもしています。そんな中、先ほどのグループは、依然と居残って会場の片隅のコンクリートの階段に座り込んで、綿菓子を食べていたりしています。

片付けをしながら、チラッと男の子たちを見ると、綿菓子をコンクリートの階段にこすりつけている。。。後で人が困るだろう。。。よーし、ひとこと言ってやろう、と近づいていくと、その子は、綿菓子の棒をそのあたりにポイっと投げ捨てた。そこで、「こらー、今捨てたな、(大人がごみを片付けているのに。。。)拾って来い!」というと、それでも拾ってきた。先ほどの綿菓子をこすりつけた痕跡を見つけて、「これは、誰がやった?君だろ。」「最初から、こうなっていた。」「いや、君もやっただろ、先ほどから見ていたぞ。きれいにしておきなさい!」と言い残して、片付け作業に戻りました。

周りの大人たちは、作業に一生懸命で、そんな中学生たちの行動には、気づかないようでした。
[PR]

by uchinan_e | 2005-08-24 21:29 | + education  

中学生 2

 8月10日、県内中部へ出張へ向かう日の出来事です。

b0024435_2121869.jpg 久々に電車を利用しました。4人掛けのボックス席がほぼいっぱいになるくらいの乗客数です。まだ、多少座れるところはある状態で、始発の駅なので、発車まで間、乗客が入ってきては、お気に入りの席を探して歩いている状態でした。

 そんな状態で、斜め前のひとつのボックス席が気になります。ジャージ姿(またかよ)の女子中学生が二人で、ひとつのボックス席に座っていますが、横に自分のかばんを置いて、しかも、人が横を通過する度に、何気なく手を広げて、「座るなよな~」的しぐさをしています。機会があれば、ひとこと言ってやるけどな~。

 次の駅でチャンス!?がやってきました。私の座っている隣のボックス席におばさんグループがいたのですが、その友人らしい方が次の駅で乗り込んできました。もちろん、そのボックスには座れないので脇に立って話に加わろうとされたので、すかさず、隣のボックス席の通路側にいた私は、そのおばさんに「どうぞ」と言って席を譲ってあげました。

 そして、私はそのまま立っている!わけじゃありません。すぐに斜め前の例の女の子二人組みのところへ行って、「いい?」と言うか言わないかの状態で席につきました。一人の女の子が無言でかばんをよけて、「おっさん、近寄るなよな~」的姿勢で席を空けてくれました。目の前の女の子は不機嫌そうな顔のままでした。

 さて、しばらく乗って、いくつか駅が過ぎて、乗客もぱらぱら出たり入ったり。何駅目かで、腰の曲がったおじいさんが入ってきました。私のボックス席のところまで来て立ち止まられたので、もちろん、おじいさんに向かって、「どうぞ」と前の席を示し、前の女の子に向かって、「ほら(横に置いているかばんをよけなさいよ)」と指示して、おじいさんを座らせてあげました。

 これで彼女らが当初企んでいた、ボックス席二人占めは出来なくなったわけです。席は多くの人に座ってもらうようにしたいものですね。

 で、ここまででも、「中学生っていうのは。。。」と腹立たしく思ったり、あんなマナーはよくないな~なんて考えていましたが、さらに驚くことがわかりました。あまり電車を利用しないからわからなかったのですが、普段電車通学をしている高校生に上記のことを話をすると、女の子ふたりの行為は、特に珍しいことではなく、通学途上、日常的に見られる行為だということです。彼女ら二人だけの問題ではなく、中学生高校生一般的に言えることだということがわかり、驚きました。

 結局は、それを見過ごしている、周りの大人なり、鉄道会社の指導の不十分さから来ているのかもしれませんね。
[PR]

by uchinan_e | 2005-08-15 21:02 | + education  

中学生 1

 7月23日、一連の出張の始まりの日の出来事です。

 職場から近くの待ち合わせ場所まで歩いていると、大会に参加すると思われる、お揃いの運動用ジャージを来た男子中学生(10名くらい)が、道いっぱいになって歩いているので、
「片側に寄りなさーい。」
と大きな声を出して注意してあげました。中学生からすれば、おせっかいなオヤジだと思ったことでしょうけどね。

b0024435_1859486.jpg しばらく行くと、踏み切りの遮断機が降りて、しばらく、その一団と一緒に列車の通過を待つことになりました。一団の中の一人の男子生徒は、先ほどから、チューチューとスポーツ用ゼリー飲料を飲んでいたので、どうするかなと思っていました。ちょっと目を離してあらためて見ると手に持っていないので、あれっ?と思いました。足元でごそごそしているのでよく見てみると、ゼリー飲料の容器を道に捨てて足で少しずつ蹴飛ばしながら隅っこに追いやっていました。

 「こら!おまえ捨てたな。拾っておきなさい!後で誰が拾ってくれると思っているのか!」
といった主旨のことを怒鳴ってしまっていました。その男の子は、あわてて拾っていました。列車が通過して遮断機があがってから、しばらく、その一団とは同じ方へ向かって歩いていましたが、私の後ろを付けて、つばはペッペッと道路に吐くなどして、彼らなりに不満を表しているようでしたが、その度に、振り向いてにらみつけてあげました。
[PR]

by uchinan_e | 2005-08-14 18:59 | + education  

教育力 またまた

 先日の「能楽入門講座」が開催された施設の入り口に向かって歩いていたら、若い女性の二人組みの一人がタバコを入り口付近で吸っているのが遠目で見えた。ちょっとおしゃれして大人っぽい感じだけど未成年だろうなって思った。

 そのうち、タバコを吸っている女性は、施設に入ろうと、歩き出したが、タバコを施設内に持ち込めないから、歩きながら、遠くにポーっいと歩道に投げ捨てた。何してんだ!って思ってしまい、ちょっと離れていたけど、入り口に向かいながら、

ちゃんと(灰皿に)捨てなさい!」と声を張り上げてしまった。

と、同時に、友人は、入り口に備え付けてあった灰皿を指で指し示していたので、友人も、投げ捨てる行為に驚いていたんだろう。

 私は、入り口ドアに入っていき、私の声を聞いて振り返って出てくる女性とすれ違った。憮然とした表情でもしてるのかと思いきや、なんだか、照れ笑いしながら、それでも、タバコへ向かって拾おうとしていた。しかし、やっぱり、近くで見れば、二十歳にはなっていない女性だろうなって感じた。
[PR]

by uchinan_e | 2004-10-10 22:32 | + education  

教育力 その後

今日は、中学校の体育祭を見学してきた。心配していた天気もとてもよく、むしろ日差しの中にいると暑くて、保護者は皆日差しを避けて木陰に入っていた。

昼食後の演技が一つ終わり、日陰を求めて、シートを敷いていた校舎脇に向かった。途中の部室棟脇で、中学校を卒業したばかりであろう、かなり化粧に力を入れている6~7人の女の子の集団がしゃがみこんでおしゃべりをしていた。その中の女の子二人がタバコを吸っている(正確には火のついたタバコを持っていた)。

近寄って行き、一人に「何歳だ?」と問うと、口をぽかんと開けて「はあ?」って表情をしている。
「何歳だ?」と再度尋ねる。「誰?」って聞き返してくる。
(誰か知らない人から注意されるなんて考えてもいないのか)
相手はすごんでいるつもりだろうが、こちらもしばらくにらみつけて、「たばこなんかすんな」と言うと、しゃがみこんでいるコンクリートの上にタバコを押し付けて消して吸殻を放置した。
「ちゃんと片付けなさい」と言うと、「後でかたづけるわ」とはき捨てた。その間、周りの友人は黙って様子を見ていた。タバコを吸っていたもう一人の女の子は、その間、タバコを背中の方で見えないようにしていた。

腹が立った。情けなかった。

タバコを隠れて吸うわけでもなく、堂々と人前で吸っている女の子にも腹が立ったが、私が通りかかる前にも、何人かの大人が通っただろうに、また、近くに休んでいるたくさんの大人がいたのに、誰一人注意していなかったことに腹が立った。彼女らが隠れてタバコを吸う必要がないと感じるのも無理ないかも。
情けない。

2年前の状況と変わっていない。
参照
DIARY >> education
[PR]

by uchinan_e | 2004-09-12 22:14 | + education  

小学生サイト

知人から、子どもとインターネットとの関係に関して、説明して欲しいと問い合わせがあった。私は、自分でサイトを運営しているが、子どもたちとインターネットとの関係に関しては、ほとんど判らない。ただ、長崎県での事件報道を聞いていて、一つ判らないことで知りたかったことがある。小学生でも、かなりちゃんとしたサイトを作成して運営しているようだけど、どのようにしているのだろうと不思議に思っていた。この機会に、ちょっとのぞいてみようと思った。

検索エンジンで、それらしい言葉を入れてみてたどり着いたのが、小学生中学生が運営するサイトのランキングサイト。そこからいくつかのページに飛んでみた。印象に残った点を羅列してみる。
○統計を取ったわけではないが、女の子のサイトが多いのではないかと思った。

○やたらと「荒し禁止」「けんか禁止」を訴えている。大人の運営するサイトでも、ネチケットを守るように訴えている注意書きはあるが、小学生のサイトでは、やたらと「荒し」という言葉が目立つような印象を受けた。言い換えれば、それだけ、掲示板荒らしが横行しているか、掲示板荒らしが起こる可能性を運営者が不安に思っているか、だろうと思った。

○そこから、現実の世界での出来事と結びついて考えてしまった。誰かが、私の、あるいは、私たちの悪口を言った、言わないのトラブル。自分たちで問題を発生させ、問題が起こることをある意味、予想(期待??)しているグループ行動が、思い起こされた。

○何かのテーマを掘り下げたサイトというより、昔から存在する、お絵かき交換日記的、雑誌のペンパル募集コーナー的、プリクラ交換手帳的な雰囲気を感じた。

○予想以上に、サイト作成に関して詳しい人もいるようだ。質問コーナーには、単なる作成の仕方だけではなく、各種タグについての質問もあり、また、それに対して、かなり詳しい解説をしている人もいた。どこで、勉強するんだろうね。。。
[PR]

by uchinan_e | 2004-07-05 21:48 | + education  

How educated

教育力
 公開初日(7.13.2002)にSTAR WARS「エピソード2」を見てきた。子どもを連れて行ったので吹き替え版。
 その映画の話とは関係ないのですが、映画館に入る前、劇場入口近くの屋外にあったベンチに中学生らしき男の子が3人座っていた。通りかかろうとすると、真中の男の子がタバコを取り出して吸おうとしている。思わず立ち止まって、「未成年だろ。やめなさい。」と言った。素直に「はい。」と返事。「中学生か。」との質問にも、素直に「はい。」どこの中学校かたずねたけど回答はなかった。「とにかくタバコは止めなさい。」と言うとまた素直に「はい。」
 それにしても、あんなに人通りの多いところで、堂々と吸おうとするんだもんなー。今まで誰にも注意されんかったんかいなー、と思ってしまった。昔なら隠れてこそこそ吸っていたんだろうけどね。だから、イイって事じゃないんだけど(-_-;)
 有名大学への進学者数が県(主に学校)の教育力を表すのかもしれないが、このような子ども達の実態も県(主に県民)の教育力を表すのかもしれない。
[PR]

by uchinan_e | 2002-07-14 22:00 | + education