カテゴリ:+ language( 77 )

 

国際化

普通の人なんだから
昨日の花火の時に、ノルウェーからの学生さんと一緒に見学をしていました。ノルウェーの大学で生物学を専攻しているそうです。お父様がスコットランド出身なので、家でお父さんとの会話は英語だそうです。また、ご両親とも学校の先生らしいので、教育制度について、少し話をしました。

政府などがいろいろ制度を変えるけど、実態に合っていない!とか、クラスサイズが大きくて行きとどいた教育がなされないなど、どこも同じような問題を抱えていますね、なんて話しました。

周りにいた私の家族などからは、「ノルウェーからの学生さんに『花火を見たことがあるか?』と聞いてみて」などという依頼を2回されましたが、あえて通訳しませんでした。20歳にもなっているんだから、何回は見たことがあるでしょう。外国人って、そんなに異質なモノに感じるのかな?

英語教育
先ほど、ニュース番組の中で、最近の学習塾を取り上げていました。東京都内の大手進学塾の新人講師が、声の出し方、声の大きさ、視線の向け方、立ち位置、腕の位置など、本当に細かいことまで指導されて、一人前にしていく様子を報道していました。
最後に、その新人講師が、実際に中学生を相手に授業している場面も放映されていましたが、Can you drive me home?をどう「訳す」か?ということを指導した後、wasn't able toを読み上げて一語に置き換えるとどうなるか質問していました。そこで、その先生は、一生懸命に「わずんと えいぶる とぅー」と何回も繰り返していました。

文部科学省がコミュニカティブな授業を!とか、学校で発音を重視した授業を!とか、入試センターテストでリスニング問題を!なんて、一生懸命にやってる一方で、進学塾で思いっきり「わずんと えいぶる とぅー」という授業をやっていただいているわけです。
確かに、発音が全てではないし、日本人は日本語風の発音で悪くはないのですが。。。立ち位置、腕の組み方を徹底的に指導する前に、英語力も付けていただければ、幸いですが(^_^;)
[PR]

by uchinan_e | 2006-07-31 20:04 | + language  

blogでEnglish 36

script#36
Marty follows George to a housing estate. He sees George's bike by a tree, and looks up the tree. George is up there, looking into a house with binoculars. He's watching a girl get changed.

Marty: He's a peeping tom!

a peeping tom
こちらの表現は多くの方がご存じかもしれませんね。
のぞき見する男
[PR]

by uchinan_e | 2006-06-03 22:18 | + language  

blogでEnglish 35

script#35

Lou: A coloured mayor, that'll be the day.

Goldie: You wait and see, Mr Carruthers, I will be mayor and I'll be the most powerful mayor in the history of Hill Valley, and I'm gonna clean up this town.

Lou: Good, you could start by sweeping the floor.

Goldie: Mayor Goldie Wilson, I like the sound of that.

「黒人の市長ね、そんな日が来るのかね」なんて言われたGoldieくんは、「You wait and see,まあ、見ていてくださいよ。」とちょっと自信ありげですね。

clean up this town
この町を浄化してみますよ、と政治的な発言に対して、店主のLouは、床ほうきを持たされているGoldieくんに対して、start by sweeping the floor,まず床を掃くことからだな、とうまく言い換えされていますね。ちょっとした言葉遊びです。
[PR]

by uchinan_e | 2006-06-01 21:41 | + language  

blogでEnglish 34

script#34

Goldie: .....mayor. Now that's a good idea. I could run for mayor.

Lou: A coloured mayor, that'll be the day.

That'll be the day.
《口語》 そうなったらお楽しみだ (が, そんなことは起こるまい).
黒人のGoldieが、市長に出馬するのも悪くはないと言うと、店主のLouは、「黒人の市長ね。。。That'll be the day.そんなことがあるのかね」と言った感じで言い返す。
[PR]

by uchinan_e | 2006-05-31 21:12 | + language  

blogでEnglish 33

script#33

Marty: That's right, he's gonna be mayor.

Goldie: Yeah, I'm.....

Goldie realises what Marty just said.

Goldie: .....mayor. Now that's a good idea. I could run for mayor.

Goldieが大物(somebody)になりたいと言っているのを聞いた、1985年からやって来たMartyは市長になるよ、とつぶやいてしまう。それを聞いたGoldieは、イイ考えだ!と思いつき市長に出馬しようと考える。

run for
出馬する
[PR]

by uchinan_e | 2006-05-24 22:05 | + language  

blogでEnglish 32

script#32

Goldie: No sir, I'm gonna make something out of myself, I'm going to night school and one day I'm gonna be somebody.

somebody
 黒人のGoldieは、夜学に通って、いつかsomebodyになると言っています。somebodyとは、「何某(なにぼう)といわれる(偉い)人, 大物, 相当な人」という意味です。
[PR]

by uchinan_e | 2006-05-23 22:35 | + language  

blogでEnglish 31

script#31

Goldie: Stand tall, boy, have some respect for yourself. Don't you know that if you let people walk all over you know, they'll be walking all over you for the rest of your life? Listen to me, do you think I'm gonna spend the rest of my life in this slop house?
Lou: Watch it, Goldie.

stand tall
tallは副詞で「意気揚々と」というような意味。胸を張って!と、情けないGeorgeに言いたいんでしょうね。
以下、同様のことが言いたいんでしょう。

have some respect for yourself
自信を持ちなさい。

if you let people walk all over you know, they'll be walking all over you for the rest of your life
残りの人生もひどい目に遭うよ、と言いたいでしょうね。

walk all overの例文。
She walks (all) over her husband. 彼女は亭主を尻に敷いている.
わかりやすいかも(^ヘ^)v

slop house
どうも良い意味ではないですね。次に、店の主人Louが、Watch it.「こら、注意しろよ」と言っていますから。
[PR]

by uchinan_e | 2006-05-20 20:14 | + language  

blogでEnglish 30

script#30

Goldie: Say, why do you let those boys push you around like that?

George: Well, they're bigger than me.

将来、市長に立候補することになるGoldie(お店の掃除人)が、いじめられているGeorgeの前に現れて、説教します。

why do you let those boys push you around like that?
「どうして、あんな風に、やつらにこき使われるがままにさせておくの。」
push aroundで「〈人を〉乱暴[軽蔑的]に取り扱う, こき使う」といった意味になります。
その言い訳に、「だって、でかいんだもの」というところが、また、情けないGeorgeらしい。
[PR]

by uchinan_e | 2005-10-08 22:33 | + language  

blogでEnglish 29

script#29
昨日の続きです。今日の表現も既出だと思いますが、再度掲載しておきます。

Biff: Yeah, well, how about my homework, McFly?

George: Uh, well, OK Biff, uh, I'll finish that on up tonight and I'll bring it over first thing tomorrow morning.

Biff: Hey not too early I sleep in Sundays. Hey McFly, your shoe's untied.

George looks down.

Biff: Don't be so gullible, McFly.

George: OK.

Biff: I don't wanna see you in here again.


how about ~
~は、どうですか。

sleep in
「朝ゆっくり寝ている」ことを、このように表現します。

I don't wanna see you in here again.
ストレートに訳せば、「ここでまた会いたくない」となるでしょうが、あえてもう少し感じをこめて日本語にすれば、「二度とここへ来るなよ。」くらいでしょうかね。
[PR]

by uchinan_e | 2005-10-02 20:27 | + language  

blogでEnglish 28

script#28
この場面は、Martyが1955年の父親に出会った場面です。BiffとGeorge(父親)のやり取りは、1985年のやり取りと同じだというところが面白い。blogでEnglish 9blogでEnglish 10の場面と比べてみてください。従って、英文解釈も、9と10を参考にしてください。

Biff: What do you think you're doing?

Marty: (realises who it is) Biff?

Biff: Hey I'm talking to you, McFly, you Irish bug.

George: Oh hey, Biff, hey, guys, how are you doing?

Biff: Yeah, you got my homework finished, McFly?

George: Uh, well, actually, I figured since it wasn't due till Monday...

Biff: Hello, hello, anybody home?

Biff taps George on the head.

Biff: Think, McFly, think. I gotta have time to recopy it. Do you realise what would happen if I hand in my homework in your handwriting? I'd get kicked out of school. You wouldn't want that to happen would you, would you?

George: Now, of course not, Biff, now, I wouldn't want that to happen.

Biff: Uh, no, no, no, no.
[PR]

by uchinan_e | 2005-10-01 21:45 | + language