カテゴリ:+ literacy( 20 )

 

分析力4

予定していた内容を変更します。

先ほど、初めてオークションで「悪い評価」を受けました(^^ゞ

何度も(数を曖昧にしては行けませんね)、落札者の方へ5通連絡のメールを送ったのですが、全く返事が来ませんでした。

最後のメールで、
残念ではありますが、落札者の削除をさせて頂きます。失礼します。」
とメールをして直後に落札者の削除をしました。

おそらく相手方(落札者)にシステムから「悪い評価」のメールが届いたのだと思います。

そして、すぐに私の方にも、
こちらからも連絡し続けていたのですが、このような事になり非常に残念です。」
というコメントとともに悪い評価がつきました。評価のコメントはオークションのページに表示されます。

ちょっと、えーなんでやねん!!と思いましたが、ここは冷静に謙虚に、
そうでしたか。それは大変失礼しました。当方も5通送信しているようです。そちらへ届いていないようで申し訳ありません。携帯電話のアドレスのようでしたが、それが原因でしょうか原因がわかりません。今後は連絡が取れないということがないよう気をつけたいと思います。」
と返事をしておきました。

しかし、しばらくして、あることに気がつきました。
こちら連絡し続けていたのですが、」という表現です。
私は落札者削除の直前にメールを送っているのです。そのメールが届いているから、「こちら」という表現になったんだろうなと思いました。

もし、私のメールが全く届いて無くて「落札者の削除」がされていたなら、相手は、おそらく、「連絡し続けたのになぜ突然に削除するのか。」というような表現になっていたのではないかと推測します。

ということは、私が「そちらに届いていないようで。。。」と書いたのは、勝手な私の思いこみだったかもしれないということですね。届いていたけど、相手のメールが私の方へ届いていないという風に考えないといけませんね。

まあ、「こちら」というのも、言葉のあやかもしれませんが、なんだか、サスペンスドラマの「犯人が知りうる情報の暴露」的な推理で、自分ひとりでにやけていますけど。
[PR]

by uchinan_e | 2007-04-07 21:52 | + literacy  

分析力3

分析力
分析力2

に続く第3弾!しばらく、このシリーズを続けていこうと思います。

周りの人や報道からの情報を聞いて、あるいは読んで、疑問点を指摘したり、矛盾点に気づいたりする力を、どの程度皆さんはお持ちでしょうか。情報リテラシーが、しっかり身に付いているでしょうか。

最近自分の名前をタイトルにつけている女性占い師??の方がいますが、私は、彼女の番組を全くと言っていいほど見ません。

夕食時に、たまたま、家族のものが見ていることはあります。

次のような趣旨のことを言っていました。

家族内で相続問題が発生して、骨肉の争いが起き、親族間で殺されるかもしれないと相談に来られる方が、たーくさんおられます。

と言っていました。番組司会者は、そのまま話を聞いて、その解決策を聞いておられましたが、私は、それを聞きながら、正直に、疑問に少し感じる部分がありました。

たーくさんおられます」という表現を聞いて
 → 本当にたくさんだろうか?
 → 何人をもって「たーくさん」と表現しておられるのだろうか。
 → 200人の相談者の中で50人?いや10人?
 → 10人の相談者の中で5人?2人?

実数を言ってほしかった

本当に「殺される」と相談にたくさんの方が来られているのだろうか。
それなら、「まずは遺骨をお寺に一時的に預けることです!」なんて
悠長なアドバイスを言っていないで
警察に届けなさい!」とアドバイスした方がもっと大切なことではないだろうか。

本当に「殺される」と言って、相談に来られるのだろうか?
[PR]

by uchinan_e | 2007-04-06 22:29 | + literacy  

誘導

記事A(ネット新聞記事)
器物損壊:パトロール中に交番の電話壊される-○○署
 23日午前5時15分ごろ、パトロールから帰った○○署西交番(○○市)勤務の警官が、交番の扉と「不在時訪問者対応電話」が壊されているのを見つけた。同署が器物損壊容疑で捜査している。
 同署によると、壊されたのは玄関扉のアルミ板部分で、けられたような凹みが1カ所あった。また、扉の横のケースに収納されている電話の受話器部分も壊されていた。
 当時は警官5人が同交番に勤務。2人が午前3時ごろ、扉の鍵をかけてパトロールに出た際は異常なく、奥の部屋で仮眠中だった3人も物音などは聞いていないという。
6月24日朝刊
(■■新聞) - 6月24日17時1分更新

記事B(ローカルTV局記事)
交番襲われる 仮眠中の警官気付かず 2006/06/23(金)
22日午前5時13分ごろ○○市の○○警察署西交番で、玄関のドアが壊された上、玄関脇の電話の受話器がもぎ取られているのをパトロールから帰ってきた2人の警察官が見つけました。犯行は警官がパトロールに出かけた22日午前3時11分から5時13分までのあいだと見られます。交番には5人が勤務し、発生当時は3人の警察官が中で仮眠をとっていましたが、誰も気づいていませんでした。


上記のようなことがあったようです。
同じ事件に関して、NHKローカル局では、報道の中で、
「犯行があった時間帯は、ちょうどサッカーワールドカップの日本対ブラジル戦が行われていた。」
との主旨のコメントを2回くらい言っていた。
器物損壊の事件とサッカーワールドカップと、どんな関係があるというのでしょうか?あえて、関係のない事象を発言することで、事件の原因だと視聴者に無意識に印象づける手法が取られてしまい、適切ではないと考えるのですが。。。あるいは、NHK側は、既にサッカーワールドカップの応援と何か関係があると言うことを既につかんでいたのでしょうか。
[PR]

by uchinan_e | 2006-06-24 22:35 | + literacy  

占いと科学

1日あたりの1羽の産卵数は1個、なんだそうです。世界中、どこにも1日に2,3個たまごを産むような鶏はいないそうです。科学的なことは、占うのではなく、よく調査した方がいいと思います。

ニュース記事
細木さん発言に抗議 鶏卵「薬でつくられる」

 人気占い師細木数子さんが、フジテレビのバラエティー番組「幸せって何だっけ」で発言した内容をめぐり、「現実と違う内容で、鶏卵への不信感を生んだ」として、日本養鶏協会など11生産者団体がフジテレビに抗議していたことが、30日までに分かった。
 番組は11日に放送され、細木さんは鶏卵について「24時間明かりをつけて、1羽あたり1日2、3個産ませている」「ほとんどが薬でつくられている」と述べた。
 日本養鶏協会によると、放送後、養鶏業者から同協会へ「卵の売れ行きが落ちた」「誤解をただしてほしい」などの声が殺到したという。
 このため、団体側は(1)鶏を眠らせていないわけではなく、24時間という表現はおかしい(2)1日あたりの1羽の産卵数は1個で、3個も産卵することはない(3)飼料は薬事法で定められた基準を守っている-として、回答を求める抗議文を28日に提出した。
(共同通信) - 11月30日11時47分更新


抗 議 文
平成17年11月28日

(株)フジテレビジョン
 代表取締役社長

社団法人 日本卵業協会
社団法人 日本種鶏孵卵協会
全国鶏卵販売農業協同組合連合会
全国農業協同組合連合会
日本養鶏農業協同組合連合会
協同組合 日本飼料工業会
全国養鶏経営者会議
日本鶏卵産業協会
日本成鶏処理流通協議会
日本鶏卵生産者協会
(代表)社団法人 日本養鶏協会

 我が国養鶏産業は多年に亘り国民に広く安価かつ良質な鶏卵を生産供給するとともに、鶏卵の国内自給率95%を持続的に確保・維持することにより国内農業生産の基幹的部門の一翼を担っているところである。
 しかしながら、鶏卵は一般に広く“物価の優等生”との表現に代表されているが、これは養鶏生産者を始めとする鶏卵関係者が、自由化農産物として常に厳しい経営環境下で日夜経営努力することにより得られたコスト低減の所産によるものである。
 養鶏産業界は最近の消費者等の食の安全・安心への関心の急速な高まり等を受け、従来にもまして安全・良質な鶏卵の生産に努めているところである。
 更に、昨年来の鳥インフルエンザの発生及びこれに係る報道等により全国の消費者及び養鶏関係者に大きな不安と関心を呼び起こしているところである。
 このため、養鶏団体としても現在、発生県をはじめとする全国の養鶏生産者に対し国・県の本病防疫対策への全面的な協力要請・指導を行っているところであるが、全国の養鶏生産者は最近の養鶏を巡るこのような情勢に極めて不安な心理状況下におかれている。
 こうしたなか、御社の去る11月11日放送の“幸せって何だっけ”の番組中において出演の細木数子氏が現在の養鶏の産業及び技術体系とは全く乖離した下記事項を内容とする発言を行ったことから、関係の養鶏関係団体に全国の養鶏生産者等から極めて激しい反発・抗議が寄せられているところである。
 以上のこと等から、公共性が極めて高い電波を使用し、かつ影響力も大きい全国ネットワークを有する御社が何故に科学技術論的にもあり得ない内容で鶏卵への不信を誘発する報道を行ったことについて強く抗議するとともに、その理由及び本件についての今後の具体的な対応等について早急に回答願いたい。



細木数子氏の発言要旨とこれに対する反論
 鶏卵を8~9円/ヶと安く生産できることはあり得なく恐ろしいことである。これは生産者・販売者と消費者の三者凡退の罪悪である。
 このように鶏卵が安い理由は
1.養鶏場では24時間明かりをつけて夜もない状態で生産させているからである。

【反論】
(1)鶏卵が安価に供給できるのは、鶏の改良による能力向上と経営規模拡大によるものである。
(2)鶏舎内の照明は、季節による日長時間の変動を是正するため一定時間にしているものであり、24時間連続点灯するものではない。

2.鶏の生産用の食べ物は殆んどが薬でできており、このような卵を食べると皆病気になってしまう。

【反論】
 薬事法(昭和35年、法律145号)第83条の2に基づく省令第3条により鶏等の畜産動物には抗生物質等の使用が規制されている。このため抗生物質等の薬物を使用しての鶏卵等生産物の出荷は法律違反となる。
 従って、食の安全・安心が強く叫ばれる現在において、養鶏生産者が法律に違反してまで薬物投与を行って鶏卵の生産・出荷をすることはあり得ない。

3.鶏に1日2~3個もの卵を産ませている。

【反論】
 鶏の産卵周期は24時間±αを基本とするものである。
 このため、鶏は1日に1個の産卵が基本となる。稀に1日に2個産卵することがあるが、この場合には翌日は休産することとなる。
 又、1日2~3個を産卵する鶏の存在は国内のみならず、世界的にも皆無の実態にある。
[PR]

by uchinan_e | 2005-11-30 20:38 | + literacy  

情報リテラシー

 今日、70歳に近い母からコンピューターのことで質問されました。実家の自分のコンピューターでメールの送受信をしているのですが、時々メールやコンピューター一般に関わって質問されます。

 今日の質問の一つは。。。

(母) メールに、アダルトなんたらかんたらと書いてあって、登録がどうとかこうとか、とか、振り込みがない場合はどうとかこうとか、と書いてあるのが勝手に出てくるのだけど、あれは。。。

 というような内容だった。私が、一言、

(私) そういうメールは読まなくていいから。

 というと、

(母) でも、勝手に出てくるのだけど

(私) メールを受信をすれば出てくるけど、読まなければいい。

(母) でも、支払いが無い場合は、なんとかとか、書いてあるんだけどいいのかな?

(私) だから、読むから気になるわけであって、読まなければ何の心配もない

(母) そうなの。。。

 と、ひとまず落ち着きました。

その他の説明もあれこれして、もうこれでお終いというときに、また、

(母) アダルトなんとかのメールは、支払いが無い場合はなんて書いてあるけど。。。

(私) だ・か・ら 読まなくてもいいから。郵便のダイレクトメールでも読まないで捨てているものもあるでしょ。知らない人からのメールは読まなくてもいいから。

 やはり、普段このようなメールを受信しない人にとっては、不安に思うのでしょうか。あるいは、やはり、メールの内容を本当だと思ってしまうのでしょうか。つくづく情報リテラシーの学習が必要だと思いました。

 日頃、テレビ、新聞、インターネットで報道されたり、金融機関にも注意喚起のポスターが掲示されていたりもしますが、未だに、振り込め詐欺の被害に遭われる方もおられます。やはり、忙しくて新聞テレビなどの報道を見られない人や、関心の無い方もおられでしょうから、被害に遭われる方は少なくなってきても、完全には無くならないのかもしれませんね。
 以下の記事に出てくる被害に遭われた男性も、61歳という年齢。うちの母親にも情報を正しく読みとる力をつけておいてもらわないといけないかもしれませんね。まあ、5000万円も振り込める能力はないだろうから大丈夫かもしれませんが(^^ゞ



ターゲットは富裕層、件数半減も額増加…おれおれ詐欺

 振り込め詐欺のうち、家族などになりすます「おれおれ詐欺」の1件あたりの被害額が、警察の注意喚起にもかかわらず昨年の201万円から今年は228万円に増加していることが、警察庁の調べで分かった。

 被害件数が減少する一方で、ターゲットを富裕層に絞り込むなど、手口が巧妙化していることも影響しているとみられる。こうした実態を受け、警視庁と東京都は金融機関に対し、犯人側に渡る現金を少なくするために現金自動預け払い機(ATM)の引き出し限度額を引き下げるよう異例の要請をした。

 家族にトラブルが起きたとうそを言い、示談金などの名目で金をだまし取るおれおれ詐欺や、インターネットのサイト料金の架空請求詐欺など、振り込め詐欺全体の昨年の被害総額は約284億円。摘発の強化もあって、今年は9月末までで約173億円と、やや減少傾向となっている。

 このうち、おれおれ詐欺については、月平均の被害件数が昨年の793件から今年は437件に半減したにもかかわらず、1件当たりの被害額は逆に増加。7月は246万円に上った。今月初めには、横浜市の男性(61)が、息子を装った男から「会社で帳簿上のトラブルがあった」などと言われ、計約5000万円を振り込む被害もあった。

 とくに最近では、医師の家族に「医療ミスをした」と電話するなど、職業を割り出したうえで、高額の現金をだまし取る手口も横行しているが、警察庁幹部は「犯人側がATMから即座に多額の現金が引き下ろせなければ、被害額は確実に減る」と指摘する。

 こうした中、都と警視庁は10、11月の2回にわたり、東京の三つの弁護士会や、東京銀行協会のメンバーなどを集めた対策会議を開催。銀行側にATMの限度額引き下げを要請した。
(読売新聞) - 11月19日14時50分更新
[PR]

by uchinan_e | 2005-11-19 20:53 | + literacy  

分析力2

「振り込め詐欺」の記事に対して、1月3日に分析方法の異論を載せましたが、やはり、同様に考えている方が他にもおられたようです。以下のような記事がありました。

-------------------------------------------------------

“おれおれ詐欺”半分撃退 被害1%、大阪弁使えず?

 刑法犯の認知件数が東京都とほぼ同じで、全国の約10%を占める大阪府で、昨年1年間に確認された「おれおれ詐欺」の件数と被害額は全国の約1%にすぎず、半分以上は詐欺と気付いて撃退していたことが3日、大阪府警捜査二課のまとめで分かった。しっかり者の“おばちゃん”が見破るケースが多いとされるが、首都圏中心の犯行グループが大阪弁を使えないためとの見方も出ている
 捜査二課によると、昨年府内で確認された「おれおれ詐欺」は195件で、全国(約1万4500件)の1・34%。うち現金を振り込み、だまし取られたのは、96件だった。
 全国各地で計約184億円に上る被害が出ているが、府内では1・16%の約2億1400万円にとどまっている。
(共同通信) - 2月3日18時51分更新
[PR]

by uchinan_e | 2005-02-10 20:53 | + literacy  

分析力

下記と同様の報道が年末から新聞記事に掲載されてました。私の分析と、名誉教授の分析とは、少し違うな。
私は、以下のように分析してみました。

まず、統計的な問題ですが、どれだけの割合で大阪府内に、「振り込め詐欺」電話がかけられているかがわからないので、被害率が低いとは安易には言えないのではと思いました。極端な言い方をすれば、大阪府に詐欺電話がかけられている割合が全国の1%だとすれば、ほぼ100%の人が被害にあっている事になり(実際にはそんなことはないでしょうが)、高い割合で詐欺被害が発生していることになるのではないかと思うのですが。。。

もう一つの可能性として、頭に浮かんだのは、詐欺をする人たちがどの地域からかけているのかわかりませんが、大阪府を含む関西方面にはあまり詐欺電話をかけてはないのでは?という仮定です。孫なり、夫なり、地域の警官になりすまして電話をかけるにしても、関西弁をうまく使いこなして話が出来ないから、関西地域外の詐欺集団なら関西方面へは電話しづらいと感じてるのではないでしょうか。

どの地域へ電話したらだましやすいかという統計は、正確には、加害者である「振り込め詐欺」集団にしか、本当のところはわからないのではないでしょうか。もしかして、統計を取ってデータを仲間で共有しているとか(-_-;)

--------以下記事----------------------------------------

大阪人はだまされへんで=振り込め被害、全国比1%-厳しい金銭感覚、防波堤に

 殺人や強盗といった凶悪犯罪の発生件数が全国の1割を超え、ワースト記録の大阪。しかし、昨年多発した「振り込め詐欺」は、同1%と目立って少ない。お金に厳しい大阪人気質が被害を防いでいるとの分析がもっぱらだ。
 警察庁や大阪府警の統計によると、大阪府で昨年1~11月に発生した殺人は全国の10.7%、強盗は同15.3%、ひったくりは同16.5%を占めている。ところが、振り込め詐欺は1~10月の統計で同1.0%。全国7962件(被害総額約154億5000万円)中、77件(同約1億7000万円)にとどまっている。
 なぜ被害件数が少ないのか。大阪の文化や習慣などを書いた「大阪学」の著者大谷晃一帝塚山学院大学名誉教授(81)は「全国的に被害者は中高年の女性が多いが、大阪の女性は、特にお金に厳しい感覚を持っている。相手に質問するなりして簡単にだまされない」と分析する。 
(時事通信) - 1月3日15時1分更新
[PR]

by uchinan_e | 2005-01-03 21:13 | + literacy  

血液型伝説

オーストラリア今昔物語は、今日は、ちょっとおやすみ。楽しみにしていた人、ごめんなさいね。そのような方はいないのかも^_^;

次のような記事を見つけた。このような番組が放映されているのは知っていたが、見なかった。視聴者の方が賢明にならないといけないと思っていたところだった。

血液型と性格に因果関係があるのか?と批判するような人はB型に多い、と決め付けて、テレビ番組を批判しているB型人間がここにいる(~o~)

<血液型番組>「性格決めつけ」視聴者から抗議相次ぐ

 血液型による性格判断を扱うテレビ番組が、今春から増えている。特定の血液型を「いい加減な性格の持ち主」「二重人格」などと決めつける内容が目立ち、NHKと民放が設立した第三者機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」には、視聴者から「子供が血液型でいじめを受けた」「一方的な決め付けで不快」などの抗議が4月以降、50件以上寄せられた。このためBPOの青少年委員会は番組内容などを検討し、「科学的根拠があるかのような体裁で問題がある」などと判断、近く民放各社に対し、番組制作にあたり慎重な対応を、と要望する。
 「決定!これが日本のベスト100」(テレビ朝日系)、「発掘!あるある大事典2」(フジテレビ系)などのバラエティが、血液型による性格判断を扱う特集を組み、確認できただけで10月に少なくとも6回あった。内容は▽嫌いな血液型、相性が悪い血液型などをランク付けする▽タレントらが「B型はいい加減」「AB型は二重人格」などと言い合う▽保育園児を血液型別に行動観察する――などだ。
 立命館大の佐藤達哉助教授(社会心理学)によると、血液型性格判断は80年代にブームになった。学者らが「統計上の違いはわずか。科学的には何も実証されていない」などと批判し、沈静化したが、再び雑誌などが取り上げ「大衆の常識のように定着してしまった」という。
 血液型番組の差別・偏見を告発するサイトを9月に開設した岡山大の長谷川芳典教授(心理学)は「ほとんどの番組は、いい加減なデータでレッテル張りをしている。血液型という生まれつきのもので他人を判断することは不当だ」と批判している。【保泉淳子】
(毎日新聞) - 11月27日15時3分更新
[PR]

by uchinan_e | 2004-11-30 22:33 | + literacy  

Hurricane

b0024435_21322974.jpgHurricane Ivan is seen approaching the U.S. Gulf Coast at 9:45 a.m. EDT on September 15, 2004. The view is looking southeast, with Cuba at top left and Louisiana at bottom center. (NOAA via Reuters)

Ivanがアメリカ大陸に上陸したニュースを、日本でもトップ項目で紹介していた。現地のテレビニュース番組の報道の様子も紹介された。スタジオのキャスターが、現場のレポーターに、「強風の中で、どのような状況でしょうか。」という質問に対して、男性レポーターは「立っているだけでも大変です。」と冷静に報告をしていた。

一方、先日、日本に上陸し強風を引き起こした18号台風報道では、各テレビ局はかなりインパクトあるレポートを流していた。確かに強風で大変だったと思うが、ちょっとやりすぎじゃないの?って中継レポートもあった。ある地方局の女性レポーターが、強風の中、「立っているだけでも大変です。」とかなり踏ん張って顔をしかめてカメラに向かって伝えていたけど、その背後遠方の港の岸壁でおじさんが割りと平然と歩いているのを見ると、なんだか、実際どうなのかな?って思わざるを得なかった。目の前のカメラは、かなり安定していた映像を撮っていたと思うとね、さらにね。
[PR]

by uchinan_e | 2004-09-16 21:30 | + literacy  

情報の精度

以下の記事の中ほどにある、「不安を抱いた父母の間では『殺人犯が脱走した』『子供を狙ってすぐに犯罪を犯す可能性がある』といった話も飛び交ったという。」という部分を読むと、人が言葉で伝えても、正確な情報じゃなってことがよくわかる。特に、以下のような人の不安をあおるような内容だと、必要以上に不安を掻き立ててしまう人がいるのではないか。冷静さが必要かもしれない。

以下記事


「誘拐殺人の前歴者が行方不明」警察情報で集団下校

 盛岡市内でかつて身代金目的の男児誘拐殺人事件を起こした元服役囚の男性が24日、入院先の病院からの外出中に姿を消したのを受けて、岩手県警盛岡東署が、実名を伏せるなどの配慮をした上で、前歴を含めた男性の情報を盛岡市教委に伝えていたことがわかった。

 情報提供を受けた市内の小中学校の一部は、授業を打ち切って児童生徒を集団下校させるなどの措置をとった。男性は25日午前、東京都内で保護された。父母らからは、「適切な処置」「当然だ」とする一方で、「子どもたちの不安をあおった面はなかったのか」との声も上がった。

 盛岡東署によると、24日正午過ぎ、盛岡市内の病院から「入院中の男性患者が外出先から帰らないので捜して欲しい」と捜索願が出された。病院は「男性は精神的に安定しており、自分や他人を傷つける恐れがない」として外出許可を出していたという。

 同署が調べたところ、男性は誘拐、殺人などの罪で実刑判決を受け、刑期を終えた元服役囚とわかった。同署は「万が一もあるので学校関係には情報提供した方がいい」と判断、盛岡市教委に「過去、男児誘拐殺人事件を起こした男性が病院から外出中、行方不明になった。注意してほしい」と電話で連絡した。実名を伏せたうえで年齢、身長、服装、髪形も伝えた。

 盛岡市教委から報告を受けた県教委は内容を書いたメモを、滝沢村など周辺10町村の教育委員会や高校にファクス。連絡を受けた盛岡市内のある小学校は6時間目の授業を取りやめ、児童を集団下校させた。父母が相次いで車で迎えに駆け付けた中学校もあった。

 また、不安を抱いた父母の間では「殺人犯が脱走した」「子供を狙ってすぐに犯罪を犯す可能性がある」といった話も飛び交ったという。

 教育機関への情報提供について、盛岡東署の佐々木芳春副署長は「住民の安全を第一に考えて情報を提供した。判断に誤りはなかったと考えている」と話す。これに対し、日弁連人権擁護委員長の佐々木健次弁護士(仙台市)は「前歴情報は当人への偏見をあおりかねない、最も大切なプライバシーの一つ。警察の対応に行きすぎた面があったのではないか」と指摘する。

 一方、盛岡市教委や滝沢村教委は「長崎の女児殺害や池田小事件など、最近は子どもが巻き込まれる事件が多く、教育現場はいつも身構えている状態。警察の連絡は子どもの安全を最優先に考えた適切な処置だった」と評価する。

 盛岡市内の小学校PTA役員の女性(38)は「プライバシーの大切さは分かるが、子どもの安全にかかわることなので、今回の情報提供は当然だと思う。親としては、同じ犯罪を繰り返さないとも限らないという不安がぬぐえない」とし、滝沢村内の中学校に息子2人を通わせている男性(46)は「子どもが襲われる事件が、いつどこで起こっても不思議ではない時代。警察から素早く情報が提供されてありがたかった半面、子どもの不安をあおったのではないかという心配もある」と話した。

 ◆住民への犯罪情報提供の動き広がる◆

 再被害を恐れる犯罪被害者に、加害者の情報を知らせる「出所情報通知制度」が始まったのは2001年10月。被害者は検察庁などを通じて、受刑者の出所予定時期や、場合によっては、出所後の居住地も知ることができるようになった。

 欧米では、常習的な性犯罪者の顔写真や住所などを公表して、地域の人々に注意を呼び掛ける取り組みがすでに広がっており、国内でも、自治体が警察の協力を得て、子供が巻き込まれた犯罪に関する情報を住民に提供しようという動きが出始めている。

 こうした流れの中で今回岩手県警が取った対応について、治安問題に詳しい東京都立大法学部の前田雅英教授(55)は「病状や行方不明になった経緯がはっきりしないので一概には言えないが、過去に犯罪を起こし、再犯の可能性が高い人物が所在不明になったという事実は、住民にとって重要な安全情報と言える。警察が、人権に配慮したうえで、適切な情報を住民に伝えることは必要だ」と話している。

 また、被害者学が専門の諸沢英道・常磐大教授は「日本ではこれまで加害者の人権を重視する傾向が強かったが、ここ数年、より大切な一般市民の安全確保に重点を置くように変わってきた」と指摘。岩手県警の措置については「同様の事態があっても、従来の警察なら放置していただろう。市民の安全こそが重要だという意識が警察に根付いてきた現れだ」と評価している。
(読売新聞) - 8月26日10時45分更新
[PR]

by uchinan_e | 2004-08-26 21:45 | + literacy