カテゴリ:+ literacy( 20 )

 

情報の判断力

どう考えていいのか?

テレビのバラエティ番組

(1)よく当たる占い師だという人を紹介していた。
「本当によく当たるんですよ。」「だからたくさんの人が占ってもらいに来るんですよ。」
と紹介していた。

本当によく当たるということを信じて占ってもらう目的がわからない。
良く当たるということは、(仮に信じるとすれば)占ってもらうことが必ず起こるわけですよね。
例えば、明日あなたの目の前に素敵な男性が現れますよ、と言われたら、
それが当たるわけですよね。
そうすると、前日から明日起こることがわかっているわけですよね。
前日に翌日起こることを聞いていて、何か役に立つのかなと不思議に思うんですよ。
良く当たると信じられている占い師が言っていることだから、
どんなことになろうと、当たるわけですから。。。

(2)心霊スポットと言われているところで、霊感が強いという人が、
突然、「ほら、鐘の音が聞こえるよ~。」「ほら、あそこに○○が見えるよ~」って
騒ぎますが、本当に聞こえたり、見えたりすることを、いちいち言うのかな~。
本当に聞こえるなら、本当に見えるのなら、何も言わないはずだと思うんですが。
[PR]

by uchinan_e | 2010-12-06 23:06 | + literacy  

baby on board

1997年8月に、趣味の会の会報に、次のような記事を書いたことがある。

自動車を運転していると、前方の車窓に
「赤ちゃんが乗っています」(baby in car)
というボードを見ることがある。あれはいったい何のためのものなのかわからない。赤ちゃんが乗っているからどうしろと言うのだろうか。赤ちゃんが乗っていようが乗ってなかろうが周囲の運転が何一つ変わるわけではないと思うのだが。

これ以後、明解に説明してくれる人がいなかった。赤ちゃんを載せているから安全運転(スピード控えめ運転)していることを表しているのではないかと説明してくれる人もいたが、赤ちゃんの搭乗と車のスピードがそれほど明確に結び付けられるのか疑問である。いずれにしても、赤ちゃんを乗せていなくても安全運転をするべきであり、安全運転にどうしても結びつかない。

10年以上も経過した先日、自動車の運転中、前方の車のリアウインドウに
BABY ON BOARD Please Pass It.
と書かれているステッカーが貼られているのに気づいた。

baby on board 赤ちゃんが乗車しているんだなぁ。
Please pass it. itは前出の名詞babyだと考えないといけないよな。
pass the baby赤ちゃんを手渡してくれ。(誰かが抱いている赤ちゃんを隣にいる誰かに手渡している状況が頭に浮かんだ。)どういうことだろう??
しかも、「自動車に乗っている赤ちゃんを手渡してくれ」とは、どうして欲しいのかよくわからない。

帰宅して、”baby on board”をネットで調べてみた。
そうしたら、次のページが出てきた。

Baby on Board is the message of a small (usually 5 inch) sign intended to be placed in the back window of an automobile to alert the emergency services to the presence of an infant in the event of a crash. Small children are known to sometimes become trapped in footwells or even thrown from the vehicle in the event of crashes. Given this purpose, drivers should remove the sign if driving without a child on board. First marketed in September 1984 by Safety 1st Corporation, the sign became a ubiquitous fad, flourishing in 1985. Its use in the US rapidly declined by 1986[citation needed] as parody imitations with lines like "Baby I'm Bored", "Pit Bull on Board", and "Mother-In-Law in Trunk" became popular, although its popularity continues in the United Kingdom (along with other versions such as "Princess on Board" and "Little Person on Board"), in Italy and in Japan (usually saying "Baby in Car", with the sign written in either English or Japanese script) well into the 21st century. The original parent company diversified into infant and child care products.

Despite waning in popularity, the signs have entered the American lexicon. In 1993, The Simpsons episode "Homer's Barbershop Quartet" featured a barbershop quartet tune called "Baby On Board". The song was written by Homer Simpson in a flashback to 1985 when Marge bought a sign, hoping it would stop people "intentionally ramming our car."

An urban legend claims that the death of a baby led to the creation of the signs. According to snopes.com, there is no truth to this claim.[1] The founder of Safety 1st, Michael Lerner, claimed to have heard about similar signs in Europe, when in fact, he entered into a partnership with Patricia and Helen Bradley of Medford, Massachusetts, to market the signs. The Bradleys had been trying to market the signs since Patricia brought them back from Germany, where her husband was stationed. Lerner eventually bought PHOB, the company set up by the Bradleys, (for approximately US$150,000) and changed the name to Safety 1st.


なるほど、思わぬことで、「赤ちゃんが乗ってます」シールの本来の意味がわかった。
to alert the emergency services to the presence of an infant in the event of a crash. Small children are known to sometimes become trapped in footwells or even thrown from the vehicle in the event of crashes.そういうことだったのか。

さらに調べを進めてみると、
目的からすると赤ちゃんが乗っていない時は取り外さなければならない、
本来はbaby in carではなくてbaby on boardであるということ、
実際に赤ちゃんが亡くなった事例は都市伝説かもしれないということ、
などもわかった。

それにしても、Please pass the baby.とは、どうしろと言うのでしょうかね・
[PR]

by uchinan_e | 2010-10-14 20:54 | + literacy  

statistics

JA共済のテレビコマーシャルで次のようなコメントが出てきます。
この統計には、どのような意図があるのだろうか。
どのように読みとったらいいのでしょうか。


交通事故の63.2%は
自宅から1km内で
起きています。

「交通安全マップ」ホームページ
"年齢別・自宅からの距離別・事故件数 最新年(H20)全国"より算出

[PR]

by uchinan_e | 2010-09-26 15:14 | + literacy  

W Five Times

「W5倍デー」と、
実家の近所のドラッグストアーに掲示がありました。
ポイントが通常よりたくさんつくんでしょうね。
b0024435_2285558.jpg

私は、見た時に、一瞬、
「あれ?25倍じゃないのか?」
と思いました。
「5倍」が
W=ダブル(まあ、Wを「ダブル」と解釈するのはもしかしたら日本だけかもしれないが。。。)
になるわけだから、
5倍が2回分
つまり
2ポイントが5倍、そして、さらに5倍 = 50ポイント
じゃないのかなと直観的に思ったけど、
10倍らしい(*^^)v
[PR]

by uchinan_e | 2010-05-09 22:08 | + literacy  

Radio shopping

FM放送で、よく「ラジオショッピング」が流れてきます。
その商品紹介の構成が、非常に「戦略的」であることに、毎回感心させられます。

先日も、
「2本セットの歯磨き粉が8000円です~
~今なら、さらにもう2本おつけして、お値段そのまま。」
それは、冷静に考えれば、4本8000円と普通には販売するところを、
2本セットから言い始めて、商品数を増やしていくところが、戦略的だと言えるでしょう。
一方では、聴取者は、その点を十分に冷静に判断して、決断する必要があるだろう。

しかし、ラジオショッピングを聞いていて、
戦略的ではあるが、矛盾が生じるような構成もあるな。

前出の歯磨き粉の場合、
1週間も使い続ければ、歯の色、口臭に効果て、コーティングもしてくれると言いながら、
1本1ヶ月くらいは持つだろう歯磨き粉を4本も売るということに矛盾があるように感じる。

もっと不思議だったのが、
「電源の入れ方もわからない、マウスって何?というコンピューター超初心者の方にお勧め~
 ~コンピューターの使い方が学べるソフトCDです。」
というラジオショッピング。

買った人は、結局、どこにCD入れていいのかわからなく、きっと使えないままになってしまいそうです。
[PR]

by uchinan_e | 2010-04-10 21:17 | + literacy  

diet supplement

ラジオで、ダイエットサプリメントのラジオショッピングが流れていた。

「通常、3袋のところを今回に限り4袋!」っていうありきたりな表現で安さ?を強調していた。

が、もうひとつ、どうもあやしい文句が流れた。

「モニターのほぼ全員がダイエットに成功。そのうち30%以上の方が、短期間に10キロのダイエットに成功!」と何回も繰り返し訴えていた。
何回も言う割には、モニターのサンプル数を全く言っていないし、ほぼ全員とは?何なんだ??

サンプル100人で99人が成功なのか?100人もモニターをさせることはないだろうな~。

仮に、4人がサンプル数だとすると。
4人のうち3人がダイエットに成功したら、ほぼ全員が成功と言えるかも。
そして、その3人のうち1人が10キロ減になったなら、3人中1人で33%で、30%以上だと言っても嘘にはならない。まあ、きっとそんなとこだろう。

皆さん、情報を読み取る力を付けておきましょう。
[PR]

by uchinan_e | 2009-12-16 22:04 | + literacy  

分析力6

本日、仕事上の発送物があり、職場の近くの郵便局へ行きました。地域密着型の小さな郵便局です。

窓口まで行くと、ちょうど、知り合いの方も、窓口で話をしておられました。

何やら、A4コピー用紙を局長さんに渡し、局長さんはコピー機にかけておられました。

窓口の女性の方は、「怖いわ。気をつけなくちゃ。」と不安がっている。

私は、発送物を、その窓口の方に渡し、処理されるのを待っていました。

その間、何やら、その「怖い」話は進んでいました。

「山口ナンバーが多いね。。。」「以前もあったけど、またこちらに来ている。」「対処方法は、すぐに警察を呼ぶといい。」などの会話が飛び交っていました。

こりゃ、あれだな、「当たり屋」情報だな。

こんな風に、みんな真剣に話をして、どんどんコピーが出回っていくんだな~って客観的に、その様子を見ていました。

ちょっと話を挟みたくなって、「大学の先生も研究していますよ、ただし、都市伝説としてね。」

こちらの方が、当たり屋情報のチラシを集めているので、本当は、コピーが欲しかったのですが。

「当たり屋」情報が、依然として出回っていることにも驚きましたし、また、不安に感じて信じている人もいることにも驚きました。

情報源が少し気になったので、その情報を持ち込んだ知り合いの方に聞いてみました。「どこから得られた情報ですか?

町内会の回覧。」

心の中で、えええええー、町内会で回覧!?誰が回覧したんだろう??自治会長さん??
確かに、もとのコピー用紙を見せてもらったら、一番上部に「回覧」のスタンプが押してありました。ある意味、すごい。(情報源が全く不明なものを町内会で回覧できるということは、驚くべきことです。)

依然として、「振り込め詐欺」がなくならない理由もわかる気がする。
また、振り込め詐欺をなくす努力をしなければならない郵便局の窓口の方が、「当たり屋」情報で不安に感じ、情報リテラシーが足りない状況も、問題なのかもしれない。
[PR]

by uchinan_e | 2008-07-03 18:47 | + literacy  

something is wrong

今日、ネットでこんな記事を読みました。どこかおかしなところがあると思いませんか。
(ただし、地名は伏せて、人名は実際の記事と変えてありますが、内容は変わらないようにしてあります。)

飲酒事故:車横転、同乗の女子高生死亡 3人けが
4月26日16時1分配信

 25日午前0時20分ごろ、○○市××4の県道で、同市△△北2、とび職、原田雄次容疑者(23)運転のワンボックスカーがガードパイプに衝突し横転した。原田容疑者からアルコールが検出されたため、○○署は道交法違反(酒気帯び運転)などの疑いで逮捕した。同乗していた同市内の女子高校生が頭を強く打ち死亡、原田容疑者と同乗者2人の計3人も顔などにけが。
 調べでは、死亡したのは同市▽▽3の高校2年の女子生徒(16)で、同市◎◎のとび職、林田達治さん(24)と同市□□の無職少女(15)が同乗。原田容疑者と林田さんは仕事の同僚で、山下さんら少女2人とは24日に出会ったばかりだった。
[PR]

by uchinan_e | 2007-04-26 23:24 | + literacy  

分析力5

ある情報を元に、想像力を豊かにし、どれだけのことに疑問を持ち、事実を確認できるか?
そんな力が、最近は必要だと思います。

少し前のこと。長男の大学の入学式へ行った時のことです。
式場周辺に、腕章を着けてカメラを首からぶら下げた学生風の若い人があちこちにいました。
式前に会場前で待っていると、その内の一人から声をかけられました。

相手「息子さんのつきそうですか?」という意味の質問をされて、そうだと言うと、
相手「アルバム用の写真を撮りませんか?」と尋ねられました。
私「アルバム??何の?」
相手「卒業アルバムです。」
私「卒業アルバム?あの高校の卒業時点で貰うような卒業アルバムですか?」
相手「そうだと思います。」(私「思う??」)

ここから私はいろいろ想像してみると疑問がわき上がってきました。

私「学部によって卒業までの年数が違いますよね。4年で卒業する学部もあるし、6年で卒業する学部もあるし。」(内心、留年する人もいるだろうと思ったけど言わなかった)

相手「申し込んでもらいます。」

私「申し込んでって言われるけど、(写真を撮られた人が)いつ卒業するのかわかるの?アンケートでも取って事前に調べるの?」(内心、卒業予定の人でも、突然留年が決まるかもしれないし。。。)

つまり、今年の入学式で撮影された人が、いつの卒業式に出るのかは、全くわからない状況では卒業アルバムは作れないのではないか、ということが言いたかったのですが、理解して頂いたようで、

相手「確かにそうですね。」(と、同意されてしまいました。本当は、そのあたりの仕組みを説明してほしかったんですが。)

私「そのあたりのシステムができてないんですね。じゃあ、そのことを責任者の方にお知らせください。」

と言って、私は別れました。

でも、何も疑問に持たないで、写真を撮影されていた人もいるかもしれませんね。

私が不思議に思ったのは、詳しい仕組みもわからないまま、何も疑問に持たないまま、アルバイトとして??撮影をしている方々がいるということ。


ところで、なぜ私が入学式に参加したかと言うと。
行かなくていいと私は主張したのですが、妻は行ったらいいと主張するので、自分で行って見たらと妻に言うと、自分は有給休暇を取りたくないから代わりに行ってくれって。。。言われて。。。(^^ゞ
[PR]

by uchinan_e | 2007-04-18 23:07 | + literacy  

分析力4.2

昨日の続き

オークションで落札された方からメールが来なかったという状況だったわけですが、本当にメールが届かなかったのだろうか不思議でした。

私からの送信ではエラーメッセージが返ってきたこともないし、相手からメールらしきものも、連絡し続けたという割には一度も見なかったので、不思議に感じていました。

ある携帯電話会社のアドレスでしたから、それが何かの原因なのだろうかと思っていました。でも、確認がしようがないので、どうしたものかと思いました。

そこで、すでに悪い評価をつけられてしまってはいますが、こちらが落札者のキャンセルをしてしまっていたので、そのことに関して、もう一度、丁寧な謝罪のメールを送ってみることにしました。深夜に入っていましたが。。。

落札されていた商品を送れなかったこと、削除したため悪い評価がついてしまったことを再度謝罪し、原因がわからなかったことも謝罪した内容のメールを送ってみました。

今まで通りエラーメッセージは戻ってきませんでした。

ところが、まさに真夜中に相手側からメールが来ました。内容は、
こちらこそもっと早く対応しておけばよかった、すみません。
というものでした。

内容はともかく、なーんだちゃんとメールが届くじゃん。

結局、私の推測は、連絡し続けたということはなく、落札したにもかかわらず、私と連絡をとられなかったのでは、と考えています。

その理由のひとつは、相手方の落札商品を確認したら、私の商品を落札した直後くらいに、別の方の同一の商品で状態のよいものを落札しておられるから、私の方の商品に興味が亡くなったのではないかと推測していますが、明確なことは言えません。

ともかく、悪い評価はつきましたが、お互いに謝罪しあって気持ちよく?終わったと言うことでいいことにしましょう。
[PR]

by uchinan_e | 2007-04-08 17:32 | + literacy