みんなの科学5

「みんなの科学」シリーズは、昨日の4で終わりかなと思っていましたが、
サイト「みんなの科学・たのしい実験室-想い出の広場」にkせいさいされている番組タイトルを見ていると断片的に思い出されるものもあります。多少、思い出したものがありますので、書き加えていきます。

昭和49年3月14日 コードレス・インタホンは、タイトルからはわかりませんでしたが、タイトルの下に書かれた解説を見て思い出しました。

家庭の電源を利用して、部屋同士のインターホンを作るというものでしたね。

放送当時は、中学2年生で、学校の部活動は、理科部(物理班)に所属して、テレビのブラウン管を利用したオシロスコープの作成、なんていう活動をしていました。従って、多少、電気関係、電子部品はわかっていましたが、それほど詳しいものではないので、このコードレス・インタホンは作れませんでした。(みんなの科学サイト管理者Nishiさんは、多少記録されていますが。こちら

しかし、そんなことが出来るんだ!って、私の頭の中には常にインプットされていて、いつか作ってみたいとずっと考えていました。

そのためなのか、現在の自宅には、テレドアミなるシステムを取り入れています。子どもの頃の夢を具体化させたかったのかもしれませんね。

もうひとつ、思い出したこと。
家庭の電源コンセントと言えば、あることを思い出します。
電池で動く直流モーターを100ボルト交流に差し込んだらどうなるんだろうと、当時、考えて、頭の中で多少仮説をたてて、実際にやってみました。なんでも、やってみないとダメですよね(^^ゞ

とんでもないことになったのは、皆さん、おわかりでしょうか。火花が強烈に出ました!(@_@)
[PR]

by uchinan_e | 2008-01-23 20:52 | + toybox  

<< 年男 みんなの科学4 >>