International Friendship 2

今夜(28日)は、イギリス人夫婦二組が日本の家庭での夕食に招かれているところへ、私も招いてもらった。

いつものことだが、日本の文化に従って、残るだろうと思うくらいの、食事の多様な種類と量。料理を勧める点に関して、日英の文化の違いが表れていた。

お好み焼きを一枚食べて、イギリスの方は、おなかがいっぱいで、もう結構と、断る。日本の場合なら、一度は断って遠慮するという文化があるから、もてなしている日本の主婦の方は、「まあ、遠慮しないで」と勧める。イギリスの方は、ほしければ、ほしいと、ほしくなければ欲しくないと、言うのだろう、遠慮ではなく、本当に断っている。このやり取りが、最後まで続いた。飲み物に関しても、ビールに始まり、日本に来たのだから日本酒を、焼酎を、まあ、日本のワインも味わってみてと、次から次へと。イギリスの年配のご夫婦、ちょっと参っていたかもしれない。
[PR]

by uchinan_e | 2004-10-28 23:47 | + language  

<< 長方形アウト stationery >>