世界陸上

 昨夜は、世界陸上で男子100メートルのテレビ中継を見ていました。残念ながら、パウエル選手は1位にはなりませんでした。途中までは、いい感じだったのに~。最後ののびがなかった感じですね。

 先週、以下のような記事が出てました。もしかしたら、職場の同僚がかかわっているんじゃないかと思って、後日聞いてみたら、やっぱりパウエル選手と一緒に「ハシゴ酒」したらしい。
 その同僚は、本日は、残念そうでした。やはり、昨日のレースを見ていて、ちょっと気になったようです。「先週一緒にハシゴ酒したためじゃないか。。。」

 彼によると、
 夜中2時と書いてあるけど、もう少し遅かったじゃないかと。。。
 パブ、クラブ、スナックと書いてあるけど、3軒ともクラブだったと。。。
 二日酔いをモノともせず、と書いてあるけど、パウエル選手はジンジャーエールしか飲んでなかったそうです。
 飲んでいたのは、同僚の方だったらしい。。。

 それにしても、私とは直接関係ないkど、パウエル選手に金メダル取って欲しかったな(^^ゞ
 

パウエルが夜遊び告白、ハシゴ酒3軒

男子100メートル世界記録保持者、ジャマイカのアサファ・パウエル  飲めば飲むほど速くなる? 陸上の大阪世界選手権(25日開幕)に出場する男子100メートル世界記録保持者アサファ・パウエル(24=ジャマイカ)が19日、合宿先の鳥取市内で会見し「夜遊び」を告白した。前日18日夜に3軒をハシゴし夜中2時まで、6時間も痛飲したという。ただし、この日午前6時半からの早朝練習には時間通りにキッチリ参加。金メダルどりへ、人類最速男は切り替えの“速さ”も超一流だった。

 人類最速男は、夜も大物だった。午前11時からの会見に6分遅刻したパウエルは、まぶたを重そうにしながら前夜の“爆走”を告白した。

 パウエル これは秘密なんだけど、昨日は夜の2時まで出歩いてたんだ。鳥取の街がどんなものか、見てみたくてね。とてもエンジョイできたよ。

 関係者によると、前夜8時ごろから約6時間、ジャマイカ代表の仲間と鳥取市内のパブ、クラブ、スナックの3軒を飲み歩いたという。本人は「店の名前は覚えてない」と話すが、鳥取駅近くのホテル付近には飲食店街が広がっており、鳥取の夜を満喫したのは想像に難くない。

 ただし、オンとオフの切り替えは心得ており、その速さも人類最速? この日午前6時半からの非公開練習にも遅れず参加し約1時間、二日酔いをモノともせず予定通りのメニューをこなしたという。練習場行きのバスがホテルを出たのは午前6時15分だから、3~4時間の睡眠時間で“本業”に入ったわけだ。

 開幕まであと5日に迫った大一番へ「目標は金メダル。自分の持つ記録(9秒77)も更新したい。そして何より楽しみたい」とパウエル。心身ともに無駄な力は入っていない。鳥取で豪傑ぶりを見せつけた後は、大阪で世界最速を証明するだけだ。

[2007年8月20日9時14分 紙面から]nikkansports.com

[PR]

by uchinan_e | 2007-08-27 20:45 | + episode  

<< Australia 2007 03 Australia 2007 02 >>