Australia 2007 02

8月8日夜にソウルを出発。
9日朝にブリスベンに到着。

b0024435_2045612.jpg
南半球へ行くたびに、到着前の朝焼けがとてもきれいなので今回も楽しみにしていました。しかし、天気もあまり良くなく、すっきりと晴れ渡った朝焼けを見ることが出来ませんでした。しかも、その雲のためだろうと思いますが、到着1時間前あたりから、飛行機もかなり揺れました。

飛行機は、全く揺れないよりは、多少ガタガタ音がする程度に揺れている方が飛んでいる感じかするので好きなのですが、今回は、かなり揺れが激しく長時間になったので、初めて飛行機酔いになってしまいました。

ブリスベン空港に到着しても、気分がすぐれず、飛行機を降りて入国審査場の手前のベンチで横になって、しばらく休んでいました。

休んでいる途中でトイレへ入って、個室から出てきたら、今回のイベントに参加予定の日本人とバッタリ遭遇しました。びっくり!

入国審査が混んでいるから、しばらく休んでから並ぼうと思っていたら、次から次と飛行機が到着して列は短くなるどころか、長くなるので見切りをつけて並ぶことにしました。

並んでいると、また別の日本からの参加者に遭遇。みんな同じような時間に到着してきました。

少し気になるのは、預けた荷物。私たちの飛行機の乗客は、もうとっくに受け取っているだろうなと。そんなことを思っていたら、場内アナウンスで私の名前が呼ばれている!たぶん、荷物のことだろうと思い、近くで列の整理をしていた係の人に、名前を呼ばれたことを伝えたら、入国審査後に出て右側のカウンターへ行けばいいということでした。

入国審査後、一つだけポツンと放置されていた荷物を取り、今度は税関へ。ある大学のラグビー部が合宿でやって来ているらしく、かなり多数のラガーが私たちの前に並んでいました。

b0024435_2053295.jpg
税関はそのまま通過して、待合所で、予約していた個人バスの運転手ロバートさんが待っていてくれました。その後、他のメンバーも合流して、いよいよゴールドコーストへ。
[PR]

by uchinan_e | 2007-08-26 20:05 | + downunder  

<< 世界陸上 正規代理店からの勧誘電話 >>