The driver is a clown.

知っている人Aさんが、市内で車同士でちょっとした接触事故を起こしました。事故の状況の詳細は省略しますが、車のバンパーにちょこっと傷が付く程度のものだったようです。

スピードを出しすぎていた相手の方が、車から降りてきたら、

なんと。。。。

ピエロ

だったそうです。

その場で、Aさんは、謝罪するピエロさんと修理代の話を路上でしたようです。

後日、ピエロさんに車の修理代を払ってもらうことになって、レンタルショップの駐車場で待ち合わせしていたそうですが、待ち合わせ時間になっても現れなかったそうです。

聞いていた住所と名字から、相手の方のお宅がわかり、電話をかけたら、該当の方の母親と思われる方が電話に出られたそうです。その母親は事故のことは聞いておられなかったそうですが、事情を説明したら、申し訳ないと謝罪されたそうです。

それでも、本当にその方の息子さんなのかどうか、確認する必要があるので、連絡をとって確認してくださいと言うと、

「間違いないですよ、その時、2日間、ピエロしてましたから。」

と返事が返ってきたそうです。こんな小さな地方都市に、あちこちピエロがいるとは思えないよね、そりゃ、間違いないね。

結局、その母親の方から、代金はいただくことになったようです。
[PR]

by uchinan_e | 2007-07-01 20:15 | + episode  

<< Whose hand? 休息 >>