sumo

次男は相撲が好きでよくテレビ中継を見ています。それにつきあって私も時々見ています。
見ていて時々気になることがあります。今場所は特にその場面が多かったのですが。。。

時々、取組後に、座布団が客席から投げられます。その場面を中継で見ていると、アナウンサーのマイクを通してなのか、場内アナウンスで「座布団を投げないでください!!」と厳しく注意する放送が聞こえてきます。それでも、投げられる光景が映し出されます。

あれは、なんでしょう?
相撲を見に行く人の大半は、社会規範に乏しい人が多いことなのか
日本に住んでいる人の多くが、社会規範が乏しいからなのか?
毎回、観客が変わるから、毎回注意しないといけないのか?
どういうことなんだろうか?

国技だと言われるスポーツで、やめてくださいと言っていることを無視する行為が行われるのはどうかなと思ったりもするし、全国に放送することは教育的にも良くないようにも思うけど。

他のスポーツ競技でもものが投げられないようにいろいろと対策がなされているようです。危険なものの持ち込みを禁じていたり。

相撲の会場でも、危険防止のために、座布団を床に貼り付けてしまって投げられないようにするとか。。。あるいは、座布団をdepositと引き替えに渡すとか。

あるいは、いっそのこと、座布団を投げることを奨励してしまえば、規範意識が乏しいとは思われないですむのかもしれない。

危険ですからやめましょう(^^ゞ
[PR]

by uchinan_e | 2007-05-27 20:57 | + society  

<< ge ge ge 2 travel diary extra >>