お召し上がりでよろしかったでしょうか

NHKクローズアップ現代(3月1日(木)放送)の「あなたの敬語は大丈夫?~新しい指針の背景~」を見入ってしまいました。Linguisticsを専攻したせいもあり、言葉に関しては日頃から興味があります。

ファミリーレストランなので使われている「マニュアル敬語」にスポットを当てた内容でした。マニュアル敬語と言っても、マニュアルで定められているわけではなくて、短期アルバイト店員が使い始めた、少し違和感を覚える敬語のようです。

「~でよろしかったでしょうか。」という問いをされることがありますが、すでに一度質問された内容を確認するためならわかるのですが、初めての問いだと奇妙に感じます。

新発売の○○はよろしかったでしょうか。」と言われて、「あれ、一度聞かれたっけな?私も記憶力が弱ったかな。」とついつい思ってしまいます。

私がもっと理解に苦しむ表現があります。ファーストフード店なので聞かれる「お召し上がりでよろしかったでしょうか。」という問いです。「よろしかったでしょうか」に関しては既に述べたので割愛しますが、「お召し上がり」という問いはなんなんでしょうね。ハンバーガーなどのファーストフードを食べる以外何をするというのでしょうか

何年も前に初めてこの質問をハンバーガー店でされたとき、私は思わず「はい、もちろん、召し上がりますよ。」とまじめに答えてしまいました。

ということを書いている私も、あまり敬語が得意な方ではありません。誠意を持って話すようには努力していますが。
[PR]

by uchinan_e | 2007-03-04 20:47 | + language  

<< Optical Illusion 卒業式 >>