誘導

記事A(ネット新聞記事)
器物損壊:パトロール中に交番の電話壊される-○○署
 23日午前5時15分ごろ、パトロールから帰った○○署西交番(○○市)勤務の警官が、交番の扉と「不在時訪問者対応電話」が壊されているのを見つけた。同署が器物損壊容疑で捜査している。
 同署によると、壊されたのは玄関扉のアルミ板部分で、けられたような凹みが1カ所あった。また、扉の横のケースに収納されている電話の受話器部分も壊されていた。
 当時は警官5人が同交番に勤務。2人が午前3時ごろ、扉の鍵をかけてパトロールに出た際は異常なく、奥の部屋で仮眠中だった3人も物音などは聞いていないという。
6月24日朝刊
(■■新聞) - 6月24日17時1分更新

記事B(ローカルTV局記事)
交番襲われる 仮眠中の警官気付かず 2006/06/23(金)
22日午前5時13分ごろ○○市の○○警察署西交番で、玄関のドアが壊された上、玄関脇の電話の受話器がもぎ取られているのをパトロールから帰ってきた2人の警察官が見つけました。犯行は警官がパトロールに出かけた22日午前3時11分から5時13分までのあいだと見られます。交番には5人が勤務し、発生当時は3人の警察官が中で仮眠をとっていましたが、誰も気づいていませんでした。


上記のようなことがあったようです。
同じ事件に関して、NHKローカル局では、報道の中で、
「犯行があった時間帯は、ちょうどサッカーワールドカップの日本対ブラジル戦が行われていた。」
との主旨のコメントを2回くらい言っていた。
器物損壊の事件とサッカーワールドカップと、どんな関係があるというのでしょうか?あえて、関係のない事象を発言することで、事件の原因だと視聴者に無意識に印象づける手法が取られてしまい、適切ではないと考えるのですが。。。あるいは、NHK側は、既にサッカーワールドカップの応援と何か関係があると言うことを既につかんでいたのでしょうか。
[PR]

by uchinan_e | 2006-06-24 22:35 | + literacy  

<< 事故 苦情電話 >>