家庭教師勧誘電話 久々

「Yといいます。奥様おられますでしょうか。」
(とてもきれいな声の女性で落ち着いた口調)

「どちらのY様さまでしょうか。」
(知らない名前だけど、もしかしたら妻の知人かもしれないので丁寧に対応)

「家庭教師のYと言います。」
(??うちには家庭教師は来てないんだけど)

「どういったご用件でしょうか。」

「今、皆様のご家庭に、郵便で家庭教師案内をお届けしているところで、ぜひ読んでいただきたいというご案内だったんです。」
(そうなんですか、案内だった、ということは、それを伝えておわりなわけね)

「そうですか、わかりました。ありがとうございました。」
と言って丁寧に切ってあげた。

郵便で送ったものを読んでね、という伝言だけで終わってしまった。つまんないの。
[PR]

by uchinan_e | 2005-08-25 21:51 | + society  

<< 学校祭 中学生 3 >>