blogでEnglish 27

script#27

Lou: Are you gonna order something, kid?

Marty: Yeah, gimme a Tab.

Lou: Tab? I can't give you a tab unless you order something.

Marty: Right, gimme a Pepsi free.

Lou: You wanna a Pepsi, pal, you're gonna pay for it.

Marty: Well just gimme something without any sugar in it, OK?

Lou: Without any sugar.

時代背景をうまく利用して、言葉遊びがされています。

a Tab
Martyは、公衆電話を借りるために、1955年のcafeに入ります。店主Louに、なにか注文をしないのか、たずねられ、まず、Tabをくれ、と注文します。Tabとは、ノーカロリーコカコーラの商品名です。しかし、店主は、注文をしなけりゃ、tabはやれないよ、と返事をします。tabとは、一般名詞では、レシート(勘定書)のことです。飲み物のTabは、1960年代に入ってから発売されていますから、1955年の店主Louが、Tabと聞いて、勘定書のことだと思うのも、もっともなことです。

Tab 1 / Tab 2

a Pepsi free
理解してもらえないMartyは、それじゃあ、ということで、a Pepsi freeつまり砂糖抜きのペプシをくれと、注文しますが、これまた、freeを無料で、というふうに誤解されてしまいます。無料でペプシは出せないね、と言わんばかりに、支払いをしてくれるよな、と言われてしまいます。これまた、理解してもらえないので、without any sugar in itという直接的な表現で注文をすることになってしまいます。


時代背景と、それぞれの表現の別の意味を知っていないと、ここのやりとりは、理解しにくいし、面白さが伝わらないかもしれません。
[PR]

by uchinan_e | 2005-06-04 19:10 | + language  

<< paper craft dow... blogでEnglish 26 >>