家庭教師勧誘電話 スタンダード版

夕食時に電話がありました。

セ 「もしもし、○○といいますが、奥様おられますか。」(名前は知らない人だな。。。いつもの学生っぽくないけど)
私 「どちらの○○さんですか。」
セ 「市内の○○です。」(そんな人は知らないな)
私 「どんなご用件ですか。」
セ 「ご主人さまですか、家庭教師のお願いの電話です。」(それなら最初から言えばいいのに)

なんとなくいつもの偽医大生軍団とは違う感じ。若い声だけど、落ち着いている。

少し説明される。
どちらの家庭教師センターかと聞けば、市内にあるセンター。
場所を尋ねたら、駅前と答えられた。

自分は電話でお願いするだけの仕事で、一回目は説明に上の者が家庭を訪問して、それから先生(家庭教師)が行きます、と説明された。いつものように、自分は学生で、なんとか家庭教師にお願いしますと言わないところは、嘘っぽくなくて本当だと感じました。

その後、家庭教師の構成をたずねたら、自分は詳しくないので、上のものと代わりますということで、上の方が出てこられて丁寧に説明されました。家庭教師は地元大学生や社会人らしい。センターの場所も詳しくたずねたら、「以前、○○町にありましたが、現在はサティの前にあります。」って、地元の者が使うような表現で言っていたから嘘ではないでしょうね。地元のタウンページにも載せている、長年やっている家庭教師センターのようでした。地元の人なら知っている、学習塾の名前が、二つほど話の中で出てきましたから、間違いないでしょう。

しかし、今のところ、家庭教師は必要としていないこと、明日から出かけて留守にすることを伝えて、丁寧に電話を終えました。
[PR]

by uchinan_e | 2005-03-25 21:19 | + society  

<< 路上観察 6 Making of Real ... >>