instruction

先日、年1回の胃検診を行いました。

一年ぶりのバリウムです。
嫌いだという人が多いようですが。
私は、毎回、すんなり飲みます。

検診車の中でバリウムを飲みながら、
検査室への入り口の注意書きに目がとまりました。

Do not enter room about
the instruction it is


5,6回、読み返しました。
何回読んでも、

Do not enter room about
the instruction it is


改行位置も、上記の通り。
ピリオドもありません。

どんな意味ですか?
担当の看護師さんに聞いてみました。

これですか。これは、
指示があるまでは、検査室には入らないでください。」です。

と英文の上に書かれている日本語を示されました。

roomの前に冠詞がないのは、まあ、よくあることなのでしょうが、
そのあとが、どんな文法間違いをしたのかも理解できないような間違いのように思うのですが。。。

今まで誰も気づいていないのかな??
あのような注意書きというものは、基本的に誰も読まないというのが前提だということを認識できる良い例だと思います。
[PR]

by uchinan_e | 2009-08-22 21:30 | + language  

<< dinner hotel after Gundam >>