電話勧誘シリーズ

マンション経営の電話。

話の流れをなんとなく、こちらの地方へ来たことがあるかという展開に誘導した。
相手は「来たことがある。」と言う。
明日、土曜日、市内○○町へやってくるという。
ついでに会えないかという。

「どうやって?」 - 「飛行機で。」

「いつ?」 - 「明日、朝。」

「帰るのは?」 - 「日曜日の4時から5時の飛行機。」

「4時から5時の飛行機?そんな飛行機あるの?」 - 「ええ。」
(地方空港だから、そんなに頻繁に便があるわけじゃないのに。)

「どれくらいの頻度で来ているか。」 - 「月4回くらい。」

「ということは、毎週来ているということじゃないか。」 - 「ええ。」

「どの飛行機で帰るの?」 - 「大阪に寄ったりする。」

「途中下車するの?ここから大阪行きの飛行機があるの?」 - 「東京に戻ってから、また大阪へ飛行機で行く。」

「本当??」 - 「諸々の方法で。」

「例えば?」 - 「JRで。」

「どこ経由?」 - 「諸々の方法で。」

「1つ2つ教えて。」 - 「新幹線で。」

「どこで乗り換えるの?」 - 「電車で。」

「だから、どこで乗り換えるの?」 - 「もろもろ。」

「例えば?」 - 「名鉄。」

うちのほうには、名鉄がないのですが。」 - 「もちろん、名鉄で大阪で降りるんですよ。」

「どこで乗り換えるんですか。」 - 「・・・・」

「飛行機は、どちらの飛行機。」 - 「総務がチケット持っているから、わからない。」

こちらからかまかけた。)

JALかANAか、わからないんですか。」(地方空港だから一方の航空会社しか乗り入れてない。) - 「ええ、どちらかで行きますから。それより。。。」

やっぱり来たことなさそうだな。

来たことがないのに、来るという。その目的が分からない。

やたら会う時間と場所を決めさせようとしたけど。

来なかったら来なかったで、会えなかったと言いがかり付けて、次の作戦があるんだろうね。

ちなみに、うちの近所の飛行場がANAのみということは、言わなかった
ネタばらすと、次回から学習されるから。
[PR]

by uchinan_e | 2009-01-30 20:48 | + society  

<< another sky in ... colorful model 4 >>